人気ブログランキング |

ハラハラ帳

<   2020年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

準備万端。

週間天気を見ながら、休日午後にしっかりと畑作業。昨年からの秋冬野菜を片付けて、支柱竹を燃し、草刈り、石灰や元肥を入れて耕運、畝作りをほぼ終えて、春野菜の種まき、苗植えの準備万端。

おかげで体の節々が痛い。ここ1〜2年は加齢による体力低下を痛感。今日は後でジムのプールで身体ほぐさなくては。ゆっくりと泳ぐのがストレッチには一番。

今年はさらに耕作面積も増えてきて(畑主のTさんにもっと使いなさいと言われ)30種以上は植えることになりそう。ということは、週末の畑でのビール消費量や焚き火の機会も増えるわけだ。(笑)

さてと、一雨降れば、いくつかの畝のマルチ掛けもしよう。


野菜には連作できないモノもあるので、植える場所のローテーションや、効率の良い支柱の立て方、日当たり、湿気、肥料のことなど考えることはいくらでもある。(これも創造するという楽しみのひとつ)

準備万端。_d0032761_08450570.jpg
休憩時の清涼飲料水が美味くなってきた季節。焚き火の薪を割るための斧も買ったし(笑)。
準備万端。_d0032761_08450450.jpg
近くの店では手に入らない種はオークションで買い、種播き、育苗。イタリアントマトは発芽するまで時間が掛かる。
準備万端。_d0032761_08450433.jpg
そろそろキヌサヤやエンドウマメの実がなり始めた。右のソラマメは早く生るのをビールが待ってるが、まだまだ。
ジャガイモが発芽してきた。玉葱は順調に生育中。
準備万端。_d0032761_08450545.jpg






by hararana | 2020-03-23 09:04 | Comments(0)

小屋に住む。

10年程前に佐賀の木工房むっくとの開発で親父の小屋というのを作った。当時むっくではウッディブリックという杉の間伐材を集成した材を加工し、レゴブロックのように積みあげて作る(上下をボルトで繋ぐ)オリジナルの工法で住宅を何棟も建てていた。

DIYでも建てられる工法だから親父専用の趣味の小屋(呑み小屋?)もいいんじゃないか?と、ロフトベッド付きの極小小屋を設計。広さは2.1mx3.0mで2坪弱。後からその半分の一坪小屋(それもロフトベッド付き)も建てられた。むっくとは今年この工法で小屋以外にもいろいろと展開してみようかと企画中。

子供の頃の隠れ家的な体験だけでなく、プライベートの狭い空間というのは何故が落ち着く。但し閉鎖的じゃなく広い開口部があって通常はそのアウトドアも自分の空間として使えれば一番いい。

ヘンリーソローの森の小屋、詩人立原道造のヒヤシンスハウス、コルビジェのカップマルタン休暇小屋、島原のまつをさんのカバノンなども実にいいし、800年前の鴨長明の方丈庵は四畳半(3m角)。ここで長明さんは自分の為だけの豊かで小さな暮らしを提唱し、「住まいはヤドカリのように身の丈にあったものを」「家を建てる理由が家族や面目の為であって、豊かに暮らすことが二の次になっている」と指摘している。

昔から我が家の2人で話す理想の家は、各自が小さな小屋で住み、間に食堂、風呂、トイレ棟などの水回り棟があってそれを渡り廊下で繋ぐのがいいんじゃないか、と。

そろそろ終の住処を実行に移すか。(笑)


2日でラフな図面を書き、1日で模型を作った親父の小屋。

食う・飲むスペースと、ベッド・収納を3mx2.1mの空間に詰め込む。

小屋に住む。_d0032761_09045029.jpg
小屋に住む。_d0032761_09045082.jpg
あっという間に、図面と模型を元にむっくに建てられた親父の小屋。右はさらに半分のガキの小屋。(笑)
大きなスライド扉の中には、閉めた時の出入り扉も仕込まれている。ガキの小屋を風呂トイレ棟にすれば住めるね(笑)。
実際にここでむっくのクラさんと2人でデッキで飲み明かし、泊まったこともある。快適だった。
小屋に住む。_d0032761_09045165.jpg
机の下には回転式テーブルを設置。これで友人と酒が呑める(笑)。水も引いてるのでコップも洗える。
小屋に住む。_d0032761_09045155.jpg
右はロフトベッド。梯子は普段は右の壁に掛けてある。網戸付きの窓で夏場は風が通る。
小屋に住む。_d0032761_09045120.jpg
我が家の老人2人の住まいはこれでいいんじゃないか?と。(笑)
小屋に住む。_d0032761_09045192.jpg




by hararana | 2020-03-15 09:43 | Comments(2)