人気ブログランキング |

ハラハラ帳

<   2019年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

漆で繕う。

割れたり欠けたりした陶磁器を金継ぎで繕い始めて2年程。拙い技術ながらも我家の食器や酒器をいくつか再生しては使っている。金継ぎは別に金でくっ付けるわけではなく、接着するのは漆。で、金粉はその上の化粧なので、銀でもいいし、漆のままでもいい。

金繕いの一回の作業時間は短く、付けたり塗ったりしたあとに毎度乾燥させる(ダンボールの室で)のに時間(日数)が掛かるだけなので、事務所での仕事の合間の気分転換に丁度いい。

しかし、壊れた器を補修するだけでなく、新たな価値を作りだす日本の金継ぎってすごいなと思うが、TVでやったりしてる金継ぎ教室の金だらけの成金器は酷いね(笑)。


漆と小麦粉を練って接着材とする。欠けの埋めは漆と砥の粉でパテをつくる。実に理に叶った昔からの素材と技術。

漆で繕う。_d0032761_16402982.jpg

欠けた白山陶器の小鉢、まっ二つに割れた自作の盃は繕って再び愛用中。

漆で繕う。_d0032761_16402823.jpg

先日繕った莫窯・上原さんの定番品の白瓷深皿は金を蒔く前の赤漆を施した状態で完成とした。

漆で繕う。_d0032761_16402850.jpg

近所の骨董屋で見つけた唐津の絵皿は2個所欠けていたので¥600。それを補修したら却って味もでて儲けモノ(笑)。裏印から中里太郎右衛門窯のモノらしい。

漆で繕う。_d0032761_16402930.jpg

欠けを補修し金を蒔いた森正洋デザインの平茶碗、麦漆で接着した皿はこれから研ぎの行程、奥のバラバラに割れたのを復元した朱の碗は事務所での普段使いなので黒漆のまま使用中。

漆で繕う。_d0032761_16402978.jpg

でも陶磁器って、金継ぎしようと思うと割れないのは何故だろうかね?(笑)






by hararana | 2019-01-19 16:56 | その他の話 | Comments(0)

地味〜な正月。

30数年前に天童で友人と100坪もの畑を借りてやってたことがあるが、彼の地では冬は雪に閉ざされるので、大根などは雪の中に藁を被せ保存しておいたものを掘り起こして使っていた。
が、東南アジアの九州(笑)では年中畑作業が出来るので実によろしい。
今年も正月は喧騒を避けて近所の神社でお参りをし、近所のshopで靴を買い、あとは食って呑んで寝ての繰り返し。
で、時々酔い覚ましに家の前の畑で草刈りや土寄せなどをして、ゆったりと爺さんの一年分の骨休め。
休みだから何もしなくてもいいのだ。これがホントのバカンス。

実にもの寂しげな田舎の爺さんが正月早々何をしてるのだ?(笑)
地味〜な正月。_d0032761_09035845.jpg
初夏のビールの友用にたっぷりと作っているソラマメの苗に防寒藁を被せる。えんどう豆、絹さやの花がもう咲き始めた。
地味〜な正月。_d0032761_09035752.jpg
毎日の食卓にサラダとして登場する、チシャやレタス、ブロッコリー、など食べる寸前に収穫できるのがいい。
地味〜な正月。_d0032761_09035820.jpg
キャベツ、白菜なども結構大きめに育ってきた。
地味〜な正月。_d0032761_09035801.jpg
大根になぜかシュールさを感じるのは、土の中から太ももを出してるみたいだからか?(笑)
地味〜な正月。_d0032761_09035909.jpg
冬の鍋に欠かせない春菊、おひたし用のホウレンソウ、玉ねぎはこれから大きくなってくる。はず(笑)。
地味〜な正月。_d0032761_09035979.jpg
2月には春ジャガイモの植え付けが始まるし、3月からは春夏野菜の植え付け準備と、東南アジアの畑は年中やることあり。(笑)











by hararana | 2019-01-05 09:17 | Comments(2)