ハラハラ帳

みーんな考えて生きているのだ。(笑)

事務所裏の公園の藤の実をいくつか取ってしばらく部屋の中に置いている。忘れたころに「パシッ」と莢がはじけて実が飛ぶのを発見したのは10年程前。思い出したように今年も幾つか取って今か今かと待っているのだが、待ってるとなかなか割れない。(笑)。

出来るだけ遠くまで種を運んで勢力を広めようとする自然の仕掛け。

空の莢を見ると左右が対称にねじれている。乾燥し莢が割れた時、パシッと弾けて実が飛びだす、いわゆるトーションスプリング(ねじりバネ)の仕掛け。実によく出来ている。

d0032761_11274919.jpg
モミジの種はヘリコプターのようなカタチで風に乗って飛んで行く。
d0032761_11274916.jpg
たんぽぽの種はフワフワと数キロ先まで舞っていくこともあるらしい。
d0032761_11275094.jpg
畑のキュウリやゴーヤのツルはスプリングのようになって風でツルに部分的な力が掛り折れないようになっているが、これもよく見ると、途中でねじれが逆になっている。なるほど、そうでないと身体をねじらなくてならないということか。(笑)
d0032761_11275163.jpg







[PR]
by hararana | 2018-06-01 11:30 | Comments(0)