ハラハラ帳

2年に一度の展示会。

大学は金沢美術工芸大学という珍しい市立の大学でした。
絵画、彫刻からデザイン、工芸まで多様な美術・デザインの学部がありましたが、全校でも500人ほどの実にこじんまりした大学だったので、なんとなく全学生の顔を知っている感じで、先輩後輩の交流も多い大学でした。
その大学の九州のOB達が2年に一度のペースで福岡市で展示会をしています。今年は博多リバレイン8Fのアジア美術館で。昨日は搬入日、ワタシを含めて年寄りも多いので搬入搬出作業は大変です。(笑)
8/30(木)〜9/4(火)10:00〜20:00までやっていますので、近くにお越し、又はお時間あれば是非、御高覧ください。

プロダクトの商品が工芸作家の陶製オブジェや、絵画などと一緒の空間に展示されているという不思議さ。(笑)
d0032761_11231547.jpg
ワタシは現在仕事をしている朝倉市の2つのメーカー(シキファニチア、ナガノインテリア)の丸と四角のチェアなどを展示。
d0032761_11231686.jpg
阪本先輩(白山陶器デザイン部長)のコーナーでもチョイボン(むっく)をディスプレイ用としてコラボ展示。しかし、先輩酒瓶の存在感が大き過ぎるんやない?(笑)
d0032761_11231607.jpg
昨年札幌の澪工房で作られたミオボンも茶器セットと一緒に。
d0032761_11231775.jpg
d0032761_11231706.jpg
ポスター、DMは大分在住のグラフィックデザイナー根之木英二氏(彼もOB )のデザイン、アジア美術館らしくて好評でした。
d0032761_11232167.jpg












[PR]
# by hararana | 2018-08-30 11:38 | その他の話 | Comments(0)

つい欲しくなって。(笑)

2年前に某老舗旅館の改装でレストランにS社の製品を納めたことがある。先日その内装を設計された建築士のI氏から電話で「納めたチェアを2脚追加して作ってもらえないだろうか?」と。なんでもオーナーがそのチェアを気に入って自分の家に2脚もっていかれれたので足りなくなったということらしい(笑)。

そのチェアはレストランのオリジナルとして100脚ほど納めたのだが、通常特注品となると2脚だけ新たに製作するのはコスト的に合わない。でもそのデザインは定番製品の背の形状カットを和風のインテリアに合わせて変更し、座高を変えただけだったので、問題なく手配された。

デザインはデザイナーと使う人がそのモノに共感出来るか否か?といつも思っているので、オーナーが気に入られて自宅用に持ち帰った、というのは嬉しいことでもある。(笑)


改装を設計されたのは吉村順三さんの最後の弟子、入江設計士。内装が和風だったので、定番のチェアの背を直線的にアレンジして合わせた。間仕切りのプランターは天童木工、フロア照明はむっくで製作。

d0032761_12011293.jpg
これが定番品のチェア。背のカット違いで随分雰囲気も変わるもの。最初の背張りのタイプを半年後に追加製品化したもの。
d0032761_12011307.jpg
背張りタイプから背板タイプを試作する時に出したスケッチ図。あとは職人さんに口で説明。(笑)
d0032761_12011398.jpg




[PR]
# by hararana | 2018-08-27 12:16 | Comments(0)

ビアガーデン<ハラハラ>(笑)

独り事務所は国道沿い3F建てビルの3Fにある。
安普請のビルなので、夏場は屋根に断熱材が入ってないじゃないか?という程温まり、仕事で半日でも出掛けて帰ると、部屋の温度は40℃以上の灼熱空間。
で、そんな時は、中に入るや否や、換気扇を回しエアコンを強にして、汗が吹き出す1分以内に、ドア外の踊り場に小さなテーブルとスツール、ビール、チョイとツマミ、団扇、タオル、ipadなどを持ち出し、即席ビアガーデンを設置。部屋が冷えるまで半裸(国道沿いで・笑)でしばし涼むのが真夏の常。
踊り場は夕方からは涼しいです。3人程は座れます。コンビニも近いです。どうです?あなたもビアガーデン<ハラハラ>に来店なさいますか?(笑)

セーターにマフラーして真夏の我慢大会の会場としてもいいかも。
d0032761_10205254.jpg
実は同じ記事を7年前にもアップしてるんですね。ということはもう何年続けているのだ?(笑)
d0032761_10205364.jpg
事務所にでるのはいつも夜明け前なので、ここで夜明けのbeerを呑むのもいいかもしれないなぁ。(笑)
d0032761_10205360.jpg



[PR]
# by hararana | 2018-07-17 10:37 | Comments(0)

死ぬまでに行きたい世界の景勝地。(笑)

なーに遠くに行かずとも、家の周りの田舎景色の七変化だって面白い。
毎年今の時期、2〜3日間の儚い湖が出現。
が、たぶん今日は田植で、明日は又違った景色に‥。

カズヒコくん家の向こうにむっちゃん家。
d0032761_09325908.jpg
我がロボットハウスの前にも湖出現。
d0032761_09325840.jpg
雷山から井原山へと続く稜線。山の向こうは佐賀県。
d0032761_09330013.jpg
夕陽はいつも可也山の麓に沈む。山の向こうは玄界灘。
d0032761_09330086.jpg
遠くに街の灯り。こちらは闇。(笑)
d0032761_09330187.jpg









[PR]
# by hararana | 2018-06-17 09:37 | Comments(0)

みーんな考えて生きているのだ。(笑)

事務所裏の公園の藤の実をいくつか取ってしばらく部屋の中に置いている。忘れたころに「パシッ」と莢がはじけて実が飛ぶのを発見したのは10年程前。思い出したように今年も幾つか取って今か今かと待っているのだが、待ってるとなかなか割れない。(笑)。

出来るだけ遠くまで種を運んで勢力を広めようとする自然の仕掛け。

空の莢を見ると左右が対称にねじれている。乾燥し莢が割れた時、パシッと弾けて実が飛びだす、いわゆるトーションスプリング(ねじりバネ)の仕掛け。実によく出来ている。

d0032761_11274919.jpg
モミジの種はヘリコプターのようなカタチで風に乗って飛んで行く。
d0032761_11274916.jpg
たんぽぽの種はフワフワと数キロ先まで舞っていくこともあるらしい。
d0032761_11275094.jpg
畑のキュウリやゴーヤのツルはスプリングのようになって風でツルに部分的な力が掛り折れないようになっているが、これもよく見ると、途中でねじれが逆になっている。なるほど、そうでないと身体をねじらなくてならないということか。(笑)
d0032761_11275163.jpg







[PR]
# by hararana | 2018-06-01 11:30 | Comments(0)

野菜の芽や花を愛でる。

このところ朝起きるのが遅くなった、といっても日の出前だが。(笑)
そして、早朝の出勤前に畑(車で1分)の様子を見に行くのが日課となっている。花を愛でるのではなく、野菜の成長を観察。ほとんどの夏野菜の苗植えや種蒔きも終えたので、その成長や発芽を見るのが楽しみ。
野菜の実が生るには花が咲くわけで、その野菜の花もワタシにとっては、花屋の生花よりも美しく思える。
朝露にきらめく葉っぱや花を見て、それが新鮮で美味しい野菜となり、食卓に登場する。これ一石四鳥くらいあるね。

ニンジンの林。少しづつ間引きしながら(この間引き菜も柔らかくて旨い)大きな根野菜を育てる。
d0032761_18171031.jpg
オレンジの花はナス苗と一緒に植えているコンパニオンプランツ(病気や害虫防止の為)のマリーゴールド。トマトのコンパニオンはバジルで、食材としても一石二鳥。ズッキーニはオーラム(黄色)もダイナー(緑色)も実が付き始めた。ソラマメは毎夜のビールのお供。新鮮レタスも毎日うまし。早くモロキュウが食いたいぞ。インゲンやルッコラも発芽したねー。そだねー(笑)。
d0032761_18170984.jpg






[PR]
# by hararana | 2018-05-14 18:35 | その他の話 | Comments(0)