ハラハラ帳

作品と製品と商品

車道と歩道の間などにある車止めパイプ。高さは60cm~65cmでちょいと腰をあずけるには程よい高さ、そんなスツールを作ろうと思ったのは10年程前。一本の丸棒が作る座りの道具。

紙管などであれこれ試作、フォルムもシンプルで作品としてはカッコ良く成り立ちそう。

しかし座り心地がイマイチ。使われないプロダクトデザインは商品にはなり得ないので、座りやすくする為に丸棒を2本にしたりしてメーカーでも試作。それでも座りたいと思える椅子にはまだまだだった。

結果、丸面を取った2本の木製棒に微妙な角度をつけスリットを入れて配置し、製品化から商品化へ。

名前も<チョイスツール>、バカ売れはないがコンスタントに出て8年目。もはやS社の定番商品。

プロダクトデザインというのは使われてこそ存在があり、それには買って使ってくれる共感者がいる事。作る工場にとっては生産し続けなければ成り立たないわけだし(従業員の給料だって払えない)、アートと違って、デザイナーの主観、欲求だけでモノを作って、メーカーを潰した例はたくさん見てきた。(もちろん、デザインによって発展したメーカーもたくさんある)

作品を商品まで昇華する作業をおこたって製品化するデザイナーは社会悪じゃないかと思う今日この頃。(いよいよ歳とってきたか・笑)


ここで4〜5分待て、と言われたらチョイと腰掛けたくなる車止めパイプ。

d0032761_10212945.jpg
とりあえず紙で作ってみたカタチ。座ればペシャンコ(笑)。丸棒に量感有り過ぎ。
d0032761_10212946.jpg
棒を1本から2本、カタチも色々作って、座り試し。尻感は大事(笑)。
d0032761_10212907.jpg
最終的に商品化になった<チョイスツール>。尾骶骨がスリットの間に入り座り心地もOK、又スリットが手掛けになり持ち運びも楽になった。
d0032761_10213041.jpg
いわゆるフットレストがついたカウンターチェアではなく、チョイと腰掛ける為のハイスツール。
d0032761_10213023.jpg








# by hararana | 2019-02-11 10:34 | デザインの話 | Comments(0)

漆で繕う。

割れたり欠けたりした陶磁器を金継ぎで繕い始めて2年程。拙い技術ながらも我家の食器や酒器をいくつか再生しては使っている。金継ぎは別に金でくっ付けるわけではなく、接着するのは漆。で、金粉はその上の化粧なので、銀でもいいし、漆のままでもいい。

金繕いの一回の作業時間は短く、付けたり塗ったりしたあとに毎度乾燥させる(ダンボールの室で)のに時間(日数)が掛かるだけなので、事務所での仕事の合間の気分転換に丁度いい。

しかし、壊れた器を補修するだけでなく、新たな価値を作りだす日本の金継ぎってすごいなと思うが、TVでやったりしてる金継ぎ教室の金だらけの成金器は酷いね(笑)。


漆と小麦粉を練って接着材とする。欠けの埋めは漆と砥の粉でパテをつくる。実に理に叶った昔からの素材と技術。

d0032761_16402982.jpg

欠けた白山陶器の小鉢、まっ二つに割れた自作の盃は繕って再び愛用中。

d0032761_16402823.jpg

先日繕った莫窯・上原さんの定番品の白瓷深皿は金を蒔く前の赤漆を施した状態で完成とした。

d0032761_16402850.jpg

近所の骨董屋で見つけた唐津の絵皿は2個所欠けていたので¥600。それを補修したら却って味もでて儲けモノ(笑)。裏印から中里太郎右衛門窯のモノらしい。

d0032761_16402930.jpg

欠けを補修し金を蒔いた森正洋デザインの平茶碗、麦漆で接着した皿はこれから研ぎの行程、奥のバラバラに割れたのを復元した朱の碗は事務所での普段使いなので黒漆のまま使用中。

d0032761_16402978.jpg

でも陶磁器って、金継ぎしようと思うと割れないのは何故だろうかね?(笑)






# by hararana | 2019-01-19 16:56 | その他の話 | Comments(0)

地味〜な正月。

30数年前に天童で友人と100坪もの畑を借りてやってたことがあるが、彼の地では冬は雪に閉ざされるので、大根などは雪の中に藁を被せ保存しておいたものを掘り起こして使っていた。
が、東南アジアの九州(笑)では年中畑作業が出来るので実によろしい。
今年も正月は喧騒を避けて近所の神社でお参りをし、近所のshopで靴を買い、あとは食って呑んで寝ての繰り返し。
で、時々酔い覚ましに家の前の畑で草刈りや土寄せなどをして、ゆったりと爺さんの一年分の骨休め。
休みだから何もしなくてもいいのだ。これがホントのバカンス。

実にもの寂しげな田舎の爺さんが正月早々何をしてるのだ?(笑)
d0032761_09035845.jpg
初夏のビールの友用にたっぷりと作っているソラマメの苗に防寒藁を被せる。えんどう豆、絹さやの花がもう咲き始めた。
d0032761_09035752.jpg
毎日の食卓にサラダとして登場する、チシャやレタス、ブロッコリー、など食べる寸前に収穫できるのがいい。
d0032761_09035820.jpg
キャベツ、白菜なども結構大きめに育ってきた。
d0032761_09035801.jpg
大根になぜかシュールさを感じるのは、土の中から太ももを出してるみたいだからか?(笑)
d0032761_09035909.jpg
冬の鍋に欠かせない春菊、おひたし用のホウレンソウ、玉ねぎはこれから大きくなってくる。はず(笑)。
d0032761_09035979.jpg
2月には春ジャガイモの植え付けが始まるし、3月からは春夏野菜の植え付け準備と、東南アジアの畑は年中やることあり。(笑)











# by hararana | 2019-01-05 09:17 | Comments(2)

鉄道定規

30数年前に独立して事務所を始めた時、とりあえず必要な道具として、A0サイズのドラフターと鉄道定規を揃えた。

金がないのに定規で3万以上は痛かったなぁ(今でも同じ位の値段)。パソコンのディスプレイでデジタルにカタチを決めていく今の世代のデザイナーはこんな定規知らないかもしれない(笑)。が、椅子の図面は原寸で描くワタシにとっては今でも必需品。

フリーハンドで何度も原寸スケッチをした上にトレペを重ねて、カーブに合ったこの定規をいくつも使ってラインを描いたり、原寸模型に定規を当ててカーブを探す作業。図面をカタチにするのではなく、カタチを図面化する。
美しいラインというのは円弧と直線だけでは得られない。

円弧と直線を繋ぐにはそのあいだにさらに大きな円弧を入れて自然なラインをつくるのは柳宗理先生の教え。ペリアンチェアの制作図面を描いてた時、なんどもダメだしをされたのを思い出す(笑)。


鉄道定規。30mmRから5000mmRまでの円弧が100枚組みである。

d0032761_18185723.jpg
現在進行中のあるプロジェクトのラインを決めていく作業中。この後、原寸模型の制作へと。
d0032761_18185859.jpg
もう2年越しの(笑)チェアのカタチを決めていく作業中。
d0032761_18185841.jpg



# by hararana | 2018-12-17 18:28 | デザインの話 | Comments(0)

無意識に座らせようと。(笑)

先週は東京・東雲で仕事先メーカー(シキファニチア)の展示会。

椅子メーカーなので、出来るだけ多くのチェアを展示し、お客様には触れて座って頂きたいのだが、ただ家具屋のバーゲンセールのような雑多な展示ではまづいし。(笑)

ということで整然と敷いたグリッドのカーペットの上にに椅子を一脚づつ並べた。この手法は数年前にやってみたら、来場者が全ての椅子で座り比べをしてくれるのが解ったので、今回はさらにグリッドを増やしてして展示。

ソファーやテーブルは反対側で、商談スペースも兼ねて組み合わせての展示。写真パネルやプライスカードも含めて沢山だが整然と。(笑)

奥のお隣ブースは、女性社長らしく小物などで細やかな生活シーンをディスプレイして展示してるので、その対比も却ってよかったな、と。

しかし、近くの大川と違って東京での展示会は疲れたなー。ますます歳を感じる。(笑)


会場は広いアートギャラリー。NY近代美術館と同じ塗装の壁面は、傷つけると米国から職人も呼ばなきゃいけないので、決して傷つけないようにとのもお達し。(笑)

d0032761_11555574.jpg
整然と平に並べていると、つい端から全部の椅子に座りたくなるもの、ということを発見。(笑)
d0032761_11555479.jpg
反対側の壁際はソファーやテーブルの展示。
d0032761_11555518.jpg
天井が高いので、空間のイメージを掴む為にも模型で確認。後は現場で調整。壁面は5mの高さ。広さはこの約10倍。
d0032761_11555637.jpg




# by hararana | 2018-11-26 12:38 | Comments(0)

福岡マラソン。記録を目指して。

いやタイムのことではありませんって。(笑)

数週前に酔っ払って転んだ右足首の捻挫が少しづつ痛み出しそれを無意識にかばったのか今度は逆の足踵に痛みが…、という言い訳はちゃんと用意して(笑)。

走りながらカメラでランナーの視線からの映像を記録しながらのマラソン(記録の対象はかなり偏っているが)

追い越して行く女性ランナー達の後ろ姿の美しいこと(笑)沿道からワタシの眼を見つめて「ガンバッテー💓」と桃色の声援を送る見ず知らずの美女達。(つい、あの視線は何か個人的にお話をしたいのでは?と暫し妄想しながら走る)。手を差し出しハイタッチをせがむ女学生達。

もうジジイの心臓はドキドキバクバクとしながら走りました。これがなかったら冗談じゃない、42kmなんて走れないって。(笑)

還暦過ぎて始めたマラソンも、もう5回目。タイムは昨年より20分も悪かったが、とりあえず今回も歩く事なくヨロヨロとながらも無事完走。 やれやれ、そろそろ潮時か。(笑)


d0032761_08280944.jpg


# by hararana | 2018-11-12 08:33 | Comments(0)