ハラハラ帳

ビアガーデン<ハラハラ>(笑)

独り事務所は国道沿い3F建てビルの3Fにある。
安普請のビルなので、夏場は屋根に断熱材が入ってないじゃないか?という程温まり、仕事で半日でも出掛けて帰ると、部屋の温度は40℃以上の灼熱空間。
で、そんな時は、中に入るや否や、換気扇を回しエアコンを強にして、汗が吹き出す1分以内に、ドア外の踊り場に小さなテーブルとスツール、ビール、チョイとツマミ、団扇、タオル、ipadなどを持ち出し、即席ビアガーデンを設置。部屋が冷えるまで半裸(国道沿いで・笑)でしばし涼むのが真夏の常。
踊り場は夕方からは涼しいです。3人程は座れます。コンビニも近いです。どうです?あなたもビアガーデン<ハラハラ>に来店なさいますか?(笑)

セーターにマフラーして真夏の我慢大会の会場としてもいいかも。
d0032761_10205254.jpg
実は同じ記事を7年前にもアップしてるんですね。ということはもう何年続けているのだ?(笑)
d0032761_10205364.jpg
事務所にでるのはいつも夜明け前なので、ここで夜明けのbeerを呑むのもいいかもしれないなぁ。(笑)
d0032761_10205360.jpg



[PR]
# by hararana | 2018-07-17 10:37 | Comments(0)

死ぬまでに行きたい世界の景勝地。(笑)

なーに遠くに行かずとも、家の周りの田舎景色の七変化だって面白い。
毎年今の時期、2〜3日間の儚い湖が出現。
が、たぶん今日は田植で、明日は又違った景色に‥。

カズヒコくん家の向こうにむっちゃん家。
d0032761_09325908.jpg
我がロボットハウスの前にも湖出現。
d0032761_09325840.jpg
雷山から井原山へと続く稜線。山の向こうは佐賀県。
d0032761_09330013.jpg
夕陽はいつも可也山の麓に沈む。山の向こうは玄界灘。
d0032761_09330086.jpg
遠くに街の灯り。こちらは闇。(笑)
d0032761_09330187.jpg









[PR]
# by hararana | 2018-06-17 09:37 | Comments(0)

みーんな考えて生きているのだ。(笑)

事務所裏の公園の藤の実をいくつか取ってしばらく部屋の中に置いている。忘れたころに「パシッ」と莢がはじけて実が飛ぶのを発見したのは10年程前。思い出したように今年も幾つか取って今か今かと待っているのだが、待ってるとなかなか割れない。(笑)。

出来るだけ遠くまで種を運んで勢力を広めようとする自然の仕掛け。

空の莢を見ると左右が対称にねじれている。乾燥し莢が割れた時、パシッと弾けて実が飛びだす、いわゆるトーションスプリング(ねじりバネ)の仕掛け。実によく出来ている。

d0032761_11274919.jpg
モミジの種はヘリコプターのようなカタチで風に乗って飛んで行く。
d0032761_11274916.jpg
たんぽぽの種はフワフワと数キロ先まで舞っていくこともあるらしい。
d0032761_11275094.jpg
畑のキュウリやゴーヤのツルはスプリングのようになって風でツルに部分的な力が掛り折れないようになっているが、これもよく見ると、途中でねじれが逆になっている。なるほど、そうでないと身体をねじらなくてならないということか。(笑)
d0032761_11275163.jpg







[PR]
# by hararana | 2018-06-01 11:30 | Comments(0)

野菜の芽や花を愛でる。

このところ朝起きるのが遅くなった、といっても日の出前だが。(笑)
そして、早朝の出勤前に畑(車で1分)の様子を見に行くのが日課となっている。花を愛でるのではなく、野菜の成長を観察。ほとんどの夏野菜の苗植えや種蒔きも終えたので、その成長や発芽を見るのが楽しみ。
野菜の実が生るには花が咲くわけで、その野菜の花もワタシにとっては、花屋の生花よりも美しく思える。
朝露にきらめく葉っぱや花を見て、それが新鮮で美味しい野菜となり、食卓に登場する。これ一石四鳥くらいあるね。

ニンジンの林。少しづつ間引きしながら(この間引き菜も柔らかくて旨い)大きな根野菜を育てる。
d0032761_18171031.jpg
オレンジの花はナス苗と一緒に植えているコンパニオンプランツ(病気や害虫防止の為)のマリーゴールド。トマトのコンパニオンはバジルで、食材としても一石二鳥。ズッキーニはオーラム(黄色)もダイナー(緑色)も実が付き始めた。ソラマメは毎夜のビールのお供。新鮮レタスも毎日うまし。早くモロキュウが食いたいぞ。インゲンやルッコラも発芽したねー。そだねー(笑)。
d0032761_18170984.jpg






[PR]
# by hararana | 2018-05-14 18:35 | その他の話 | Comments(0)

人混み無縁でのんびりと。(笑)

5月3日、4日は莫窯さんの恒例「春の窯場展」の役立たずのお手伝い。
最後の赤絵の窯出しをしたということで、連休前半最終日、眩しい橡の木の新緑の中でのんびりと器の撮影。
今年は、「先生どうしたんです?」という程の沢山の新作や順調な作陶ペースで、撮影も3回。(笑)
心配された天気もどうやら晴れのようで丁稚としては、一安心。
その後、夏野菜の準備で畑へ直行。土作りが終わった畝にマルチングをしてキュウリ、トマトなどの支柱立て。ついでに畑の荷物置き場も綺麗に整理してこちらも準備万端。新鮮な野菜でのビールが楽しみだなぁ。(笑)

ここ数日であっと言う間に橡の若葉が開いた。
窯場展の時は手伝いもせず、この木陰の下で冷たいビールを飲むのがたのしみ。(笑)
d0032761_09371617.jpg
数週間前に蒔いたリーフレタスやチシャ、ニンジンも綺麗に出揃ってきた。そろそろ間引きしなきゃ。
d0032761_09371763.jpg
ソラマメの莢もだいぶ大ききなってきたし、ジャガイモ、タマネギも順調。 無骨な支柱は4種類のイタリアントマト用。2種はまだ店からの入荷連絡待ち。
「日本農園」と名付けている我家の菜園。(笑)
d0032761_09371723.jpg
脚元が腐ってきた荷置きベンチの脚をカットし、ブロックの上に乗せ水はけがいいようにと、これ2時間の作業。ヘロヘロ。(笑)
d0032761_09371853.jpg








[PR]
# by hararana | 2018-05-02 09:39 | その他の話 | Comments(6)

美しい街に住みたい。その2

質屋が悪いと言ってるわけではない、店舗のデザインの事。サラ金や銀行カードローンの登場で今では少なくなってはいるが、質屋は江戸時代のはるか以前からある庶民の為の有担保貸付け業の店舗。

先週、糸島市の国道に面した文化会館という文化施設の入口に出来たこの店。自分のところだけが目立てば何でもいいと、ハデなシートを貼りまくった姿勢には美意識のカケラもないんだろう。「お気軽にお入りください」と書いてあるが、国道沿いで逆効果じゃない?(笑)

糸島市もこのところ行きたい町住みたい町で取り上げられるのを自慢してるが、その為に美しい町を目指そうというのはまるでないようだし…。ヤレヤレ、とため息つきながら、右の階段からビル3Fの事務所に上るのであった。(笑)

今度からワタシの事務所の場所を教えるのには糸島の美しくないビルの3Fにありますと言えば、わかりやすいかも。

d0032761_17535890.jpg
以前、景観について市長窓口にメールを出したのを再度載せておこう。あ、ワタシ、別にクレーマーじゃないからね。(笑)

https://hararana.exblog.jp/21924476/


景観条例は京都だってこれだけなるのに7年も掛かっている(今はもう少し進んだかも)。

d0032761_18032550.jpg

昨年行った那須高原は御用邸があることもあり、セブンイレブンだってブラウン一色でシックに。
d0032761_17535831.jpg





[PR]
# by hararana | 2018-03-14 18:06 | その他の話 | Comments(0)