ハラハラ帳

万人の為のモノではないもの。

既製品として、なかなかあるようでないもの、奥行の極めて薄い棚。部屋の中には、CDや、文庫本、飾りたい小さな品々などたくさんあります。それに、奥行がないと部屋の広さを損ないませんし、便利な棚なんですが‥。何故ないのか?それは倒れるからです。じゃ、壁に固定しよう、といっても上部に小さなビス一本でいいんですが。しかし、賃貸マンションや、ボードの壁では取り付けられません。だから既製品としては市場にはないのです。しかし、取り付けられる壁を持ってる人だって、たくさんいます。だから、そんな人に向けての商品開発にしました。すべての人に使い易いモノが、ある人には使いにくかったりすることもあります。万人の為のデザインではなくて、使う人を想定したデザイン、そんな棚、メイズ(maze)を作りました。先ずは我が家に置きたいナ‥と。
d0032761_19103178.jpg

[PR]
# by hararana | 2005-10-11 19:14 | 家具の話 | Comments(0)

名前に悶々と

家具をデザインするときには、最初からそのイメ−ジにあった名前が頭にあることもありますが、製品が出来てから、ネーミングを考えることが多いものです。なんとなく和風っぽくなったり、リアリティがあり過ぎるので、日本語で付けることは少なく、多くは外語、ときには言葉をもじって造語にしたり。それも、ナルホドと思わせるような名前を考えなくては、と。その作業が辛くもあり、又楽しくもあります。家具では、カッシーナ社のネーミングがいいですね。絨毯が立ち上がったようなソファーには「シンドバッド」、クッションを形づくる大きなファスナーがデザインポイントの「カーディガン」とか。さてさて、今日も、<覚え易く><製品がイメージ出来て><言い易く>しかも<ウィット>に富んだ名前を考えなくては。ウ〜ム。
d0032761_9194226.jpg

[PR]
# by hararana | 2005-07-31 09:25 | 家具の話 | Comments(0)

ずれる。

日常と少し違うフォルム、それが新しい機能を生み出す、ということがあります。4〜5年前にシフト(平行にずれる)したチェストの模型を作って中島さんにプレゼンテーションしたことがありますが、その時はイマイチ納得がいかなくて、製作図面までは進みませんでした。それが今回、違うカタチで2点の棚として生まれました。引出し部分をシフトさせることにより、空間に動きが出て、棚としての機能も新しくなりました。墨色の本体(タモ材)の中に赤(朱)の色のが浮かび上がり、モダンな和の空間を感じさせます。色が加わってショールームもすこし艶やかになったでしょうか。
d0032761_155306.jpg

[PR]
# by hararana | 2005-07-20 15:53 | 家具の話 | Comments(0)

飾って、しまう(仕舞う)。

収納するって、単に納めることだけではなく時には、飾って仕舞いたいというモノもあります。本も本棚にではなく、平積みして置きたいというものも沢山あります。デザインされた表紙はそれだけでアート、CDのジャケットだってそう。そんな見せて並べて収納するという為にデザインした、上部をガラス棚にしたキャビネット<TERRA テラ>。液晶など薄型TVをのせて使われる方も居られます。驚くようなデザインでなく、ありそうでなかったカタチと機能に魅かれます。

d0032761_1003964.jpg

[PR]
# by hararana | 2005-05-22 10:03 | 家具の話 | Comments(0)

売り物ではありません。

ショールームで商品の撮影を終えたyujiカメラマン(ダ・カフェ日記でおなじみ)、片隅に置いてあった試作用の模型をめざとく見つけ、「面白いなァ」と写真を撮り始めました。展示会でも時々ディスプレイに使ったりすると、いくつかの家具やさんからよく模型も売ってもらえませんか?と問われれることがあります。この模型、スタディモデルといって実物の試作を作るまえに、デザイナー自身がカタチを確認したり、修正する為に自分で作ってるものなんです。おかげで私の事務所の片隅は小さな工房状態、棚の上は模型だらけです。
d0032761_1121157.jpg

[PR]
# by hararana | 2005-05-14 11:02 | デザインの話 | Comments(0)

さりげなく顔

フェイス(顔)をモチーフとして何度か家具を作ってきました。あまり顔を強調しすぎるとキャラクター家具みたいになってしまいますので、機能としての意味を持った引手の位置のみでイメージを感じさせること。木目が綺麗でなくてもいいから、無垢材を使って、古くなってもさらに味わいが増す家具になるよう、また技術的には本体を留め構造にして、チープにならないように、と。w550xh800の小さなチェストですが、部屋の隅にぽつんとたたずむと、そのあたりの空間をどれだけ変えるでしょうか。最初右のように四角の口(引手の窪みです)にしたのですが、どうも恐そうな顔になってる、ということで、左の目と同じカタチの口へと検討中です。
d0032761_8433134.jpg

[PR]
# by hararana | 2005-05-02 08:43 | 家具の話 | Comments(2)