ハラハラ帳

<   2017年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

札幌の、朝・昼・夜 (笑)

先週札幌の澪工房さんでの展示会での楽しみはいろいろとあった。

朝は>ホテルが駅のすぐ近くだったので、早朝の北大の構内をランニングは気持ちがいいだろうと、シューズとウエア持参。構内は大きな木々や芝生などまるで公園。いやあ、実に快適な朝を2日間を過ごせた(最後の日は台風直撃でX)。

昼>展示会のテーマは「吞んべえおやじたちの道具展」だったので、上原さん、南さんと楽しく展示。プラス上原敬子さんのストールも色を添え、お客様も多くいい感じの雰囲気。

そして夜>全国の蔵元も一目置く札幌の巨匠A氏(元北海道利き酒チャンピョン)のアテンドで、あの店この店と旨いを堪能。いや~よー呑んだ食った。(笑)


駅からすぐの北大は一日中、一般車以外出入り自由なので、早朝から散歩や走ったりする市民も多い。ランニングコースは構内をぐるりとすれば7km程。大きな街路樹の下、池、緑、点在する校舎を抜けてのんびりと走る。街の中心にこんな広大な公園のような緑があるとはなんともうらやましい。

d0032761_13381185.jpg
展示は上原さんの器、南さんのソファーや、キャビネット、それに合わせてワタシはこの展の為にデザインしたパーソナルチェアやテーブル、箸置き付きお盆などで「吞んべい」の場を演出。高額だった一品限りのパーソナルチェアが売れたのはびっくり(確かに座心地は良かったが・笑)。
d0032761_13381036.jpg
特に充実したのは夜の部(笑)。着いた夜は澪工房の中でレセプション。20人もの皆さんと美味しい酒肴で楽しく3時間。2日目「味百仙」は、キラリと手入れされた包丁を見ただけで、あ、ここの肴は旨いぞ!という予感的中。大将の手つきや辛口の会話を楽しみながら、出てくる肴と巨匠選定の酒で満足の一夜。「とりきん」次の夜の「高雄」もよかったね。あと行ってない処が数軒あるので、又、札幌行かなくっちゃ。(笑)
d0032761_13381293.jpg
d0032761_13381233.jpg
味百仙の写真は呑み食いに夢中でなかったので、上3点、巨匠の写真を拝借。(上原さんの器も多く使われている)

澪工房の皆様、ドリンク先生(巨匠)、お世話になりましたっ!





[PR]
by hararana | 2017-09-24 14:17 | Comments(0)

作るものは自分が使う酒卓の器のみ。


春に始めた作陶。全てが始めて手探りで、手捻り成形、素焼き、下絵付け、釉薬掛けを経て、展示会前のクソ忙しい時期に陶芸家Uさんの手を煩わせて、先日本焼きして貰い、ジャジャーンと窯だし。出来不出来よりもこれは感激もの。

土を触るのも始めてだというのに、3種類の土、呉須、ベンガラの染付け、3種類の釉薬を使わせてもらい、この夏チマチマと作った25点のモノが焼き上がった。なんと贅沢だなぁー。(笑)

染付けがどのような色、濃さになるか?釉薬での表情がどのようになるか?などまるでわからず、それを確認したくていろんなことをし、まるで実験焼き。そんなド素人に付き合って頂いたU先生には感謝感謝。酒の一本でも下げていかねば(笑)。

実際に満足できるものはほとんどないが、やってみて、わかったことだらけ。こんどはああすればこうすれば、これもあれも欲しい、と夢は膨らむばかり。いやな奴をそそのかしたとU先生が思ってももう遅い。来月あたりからは、セカンドステージだー。(笑)


実に拙い、作品だらけ。(笑)

d0032761_16534985.jpg
拙い作品でも肴を盛ることにより,多少は生き還る。 次回はダサいから脱皮しなきゃ。(笑)
d0032761_16535010.jpg
素焼き前にパリンと割れた皿、角を削って急遽2枚に(笑)。釉薬の違いで変わるんだなぁー。
d0032761_16535108.jpg
盃は口当たりが肝心。う〜む、満足いくのはひとつだけ。(笑) しかし、わかったことが‥。
d0032761_16535277.jpg








[PR]
by hararana | 2017-09-11 17:04 | Comments(0)

札幌で展示会。実は‥

9/16(土)~9/18(月)に札幌のインテリアショップ「澪工房」さんにて上原治夫さんと一緒に展示会をします(同時に上原敬子さんのストール展も)。

昨年末頃、澪工房の南さんより(みんな近い年代です)、ショップで面白いことやりたいな、エロジジイ3人展(笑)をやりましょうとの提案、酒の席で話は盛り上がり、上の空で聞いてたらホントにやることに。焦って春頃から試作や図面を描いたり、初夏には澪工房の皆さんと莫窯さんで打合せ。ワタシは酒を呑むシーンの為に、パーソナルチェアや酒器を置くサイドテーブル、酒と肴皿用のお盆の提案。

実は、展示会もさることながら、以前から上原さんの故郷札幌のあの店この店でいつかは一杯やりたいなと思ってましたので、渡りに船。北海道の酒の巨匠A氏監修の「EROじじぃと呑むかい?」始め、すでに2人の頭の中はSAKEで一杯(笑)。展示会まであと少し、上原酒陶人先生、最後の追い込み頑張ってくださ~い。(笑)

DM製作時にはまだ家具はなかったので図面スケッチで。
d0032761_12070420.jpg
箸置きが抜き差し、積み重ね出来る「ハシボン」。C'est si bon(セシボン)に掛けたのだが苦しいね・笑

d0032761_12070468.jpg




[PR]
by hararana | 2017-09-02 12:15 | その他の話 | Comments(0)