ハラハラ帳

<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「鯉攻め」

朝8時、役員は出刃包丁持って公民館に集合!との伝達。やれやれ、カントリーライフも楽じゃないぞな(笑)。

鯉攻めとは、町内山手にある堤の「かいぼり」(底に溜まった泥をかき回して、水と一緒に抜くという作業)なのだが、その時に2年前に放しておいた鯉を捕って、洗いや鯉こくで一杯やるべ、という町内最大の?秋のレジャーイベント。出刃包丁は、この地の名物でもある鶏料理用(約80人分?)の鶏を捌く為。

今年は市役所が募集した一般参加の人も20人(定員)、それに4つのTV局、ラジオ、新聞の取材なども入り、なんだか単なる田舎のオッサン達の楽しみが急に伝統行事に昇格したかのような賑わい。(笑)

正午に「ドンッ!」という太鼓の音で一斉に6~70人程の捕り手達が入水。あちこちで「逃げたー!」「ヨッシャー!」という声が響く。勝負は1時間弱で終了。しかし今年の鯉は7~80cmのがざらで大きかった。捕れた数百匹の鯉は持ち帰り自由。だが、みんな食べる分以外のは綺麗な水の水路でしばし回復させて再度放流、又2年後に再会となる(次はどんだけでかくなってんだよ・笑)。

泥だらけの体をシャワーで流し、2時間後には公民館での大宴会となる。


朝、取りあえずは終了後の宴会用の鶏を捌く。鶏刺身用、煮物用、鶏皮料理用、鶏ご飯用、‥にテキパキと仕分け。

d0032761_16031935.jpg
数日前には役員で水門から出た鯉を捕る梁作り。 当日、少しづつ集まり始める町民達(みんな軽トラ・笑)。

d0032761_16032471.jpg
町内に堤が2つあるので、隔年ごとに同じ池で行う。その間に鯉がでかくなるというあんばい。
d0032761_16032980.jpg
この堤には山の水が流れ込んでいるので、全く臭みがなく即食える。「鯉の洗い」は氷でしっかりと冷やされて(切り方がワイルド・笑)「鯉コク」といっしょにテーブルへと。朝に捌いた鶏の刺身、ここではこれがなくては宴会が始まらない程。醤油にキンカン(卵の初期)を溶いて柚子胡椒と薬味で食す。レバー、砂ずりの部位がコレ又旨い!
d0032761_16054996.jpg

この行事が終わると、秋も終盤となる。 ヤレヤレと(笑)。





[PR]
by hararana | 2014-09-25 16:29 | その他の話 | Comments(0)

アレコレ考えながら撮影。

秋晴れの休日、近所で親しくさせて戴いている莫窯さんに行き、上原さんご夫妻が秋の展示会用に制作された作品の撮影。(どちらも札幌で同時期に開催)

陶器は展示室の入り口で自然光のみで、織物は庭の橡の木に竹竿を渡して(曇天で、やや夕方でしたが)。嬉しいのは、出来たばかりのお二人の作品を真っ先に見れること。今回も実用で、美しい作品がたくさん揃っています。撮影はうまくいかないこともままあり、試行錯誤しながらやっていますが(プロの腕が欲しい・笑)、お茶や撮影に使った料理果物などを戴きながら(ときにはお酒も・笑)の楽しいひとときです。


スタイリストは上原さんとケイコさん。(笑)

d0032761_09203944.jpg
たまたま居合わせた画家のEさんに、そよ風を送ってもらって(笑)
d0032761_09204563.jpg
展示室の脇が撮影場所。11月末には庭の木々が見事に紅葉、これは素晴らしいです。
d0032761_09205069.jpg

上原治夫食器展

上原敬子さんの3人展




[PR]
by hararana | 2014-09-12 09:49 | その他の話 | Comments(0)

月見と団子

スーパームーン。
大きな赤みがかった満月でした。

料理人が窓際に、ススキと団子を飾りました。
しばらくして、さて食べようかと、お供えした団子は、チーズと一緒にオーブンでパリッと焼かれて食卓へ。
醤油味のやや、みたらし風和洋団子。
旨い!旨い!と、ビールをゴクゴク飲みました。(笑)

d0032761_13124632.jpg
d0032761_13135301.jpg




[PR]
by hararana | 2014-09-10 13:16 | その他の話 | Comments(0)