ハラハラ帳

<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

小さな手工具フェチ

大学に入った年、クラブなどサークルに属している下級生は4年生の卒業生製作の手伝いをすることになっていた。ワタクシはノブオ先輩の命令で硬いブナの角立方材を、手にマメを作りひたすら削り球状にする作業(ロクロがなかった)を手伝った。その時、公衆電話の受話器の木製モックアップを製作中だったHタカオ先輩の小刀を使う手つきが妙にカッコ良かったのを今でも覚えている。
あれからなんと45年‥、今でも毎週のように家具の模型や、部分モデルを作ることがあるが、使ってる切出し小刀は未だに学生時代からのモノ(笑)。だが最近、非常にいい切出しナイフをネットで見つけ手に入れた。伝統的鍛冶屋の町、兵庫県三木市のある工房で製作しているウッドカービング用の小刀セット、これが大きさといいナイフの種類といい切れ味といい、ワタシにはうってつけの道具になった。そういや、今年は超ミニ鉋も(燕三条の)手に入れたし、いや〜、小さな手工具ってのは、いいな〜。フェチ、フェチ(笑)

この種類とサイズが必要だった。
d0032761_1957875.jpg
豆カンナよりも小さな、マイクロカンナ。1/5の模型には普通サイズの道具はデカすぎる。
d0032761_19585360.jpg
小刀やカンナで面取りをして、紙やすりで仕上げる。ま、普通の椅子の製作と同じです。
d0032761_1958122.jpg

[PR]
by hararana | 2014-06-23 20:05 | その他の話 | Comments(0)

梅雨の合間に

ワールドカップ日本戦の放映時間が10時なので、その前に畑のジャガイモの収穫と、いくつかの空いた畝に肥料を入れ耕耘し、これから種マキする野菜の準備をする。
春先に植えたジャガイモはまずまずの出来。シャワーの後、さっそく小さ目のをパリッと焼いて貰ってTV観戦をしながら、ビールごくごくという、ゆったりした日曜日の朝。
昔、サッカーをやったこともありスポーツではサッカーが一番。勝つに越したことはないが(というより、ほとんど勝てると思ってた・笑)負けると「ま、スポーツというのはどちらかが負けるもの、こういうもんだよ。」と無理矢理心を慰めて、すぐに忘れてしまえるのは、健忘症のワタシの得意技。(笑)

d0032761_92813.jpg
この後実は、焼いたジャガイモ食い過ぎて、気持ちがわるくなった二人。笑
d0032761_92249.jpg
先週収穫したタマネギ、玄関の軒先は、まるで農家。(笑)
d0032761_924210.jpg
畑では今年もいろいろなトマトが育生中。楽しみ、楽しみ。
d0032761_925860.jpg

[PR]
by hararana | 2014-06-16 09:06 | その他の話 | Comments(0)

夏仕様

6月、朝通学中の高校生も夏服へと衣替えする季節、我が家も夏仕様へと家具の配置替え。といってもダイニングテーブルとソファーを入れ替えるだけだから簡単なのだが(笑)。ガランドウの我が家の冬は、吹き抜けの居間に大きなストーブが一台、それで家全体暖房。部屋が閉じられてない2Fは一晩中実に暖かい、だが1Fの窓際はやや寒い。なので冬の食卓は居間の真ん中。逆に夏は、涼しい窓際で夕暮れの景色を見ながら晩酌を、というわけで、家具の位置を年に2度動かす。食卓はテーブル高さ65cmの居酒屋サイズ。毎夜ここでダラダラと2時間ほど飲み食いするので、家中で一番快適な場所にあることが必要。又、ソファーは寛ぐというより寝転ぶ道具。これで、じつにだらしない我が家の暮らしのスタイルが完成。(笑)

夏仕様。
7〜8月には、窓の外には陽除けのゴーヤが繁る。夕方、窓を開けて鋏でパッチンと収穫。(笑)
d0032761_1055645.jpg

冬仕様。
写真の下のほうに大きなストーブを置く。左上は猫の席、ワタシは右上。いつも近くには沢山の酒瓶が‥(笑)。
d0032761_10553656.jpg

布をかけているソファーはItalia alflex社のRIBALTA(今は廃番)。4隅がフレキシブルに動くユニークなフォルムで、25年程前の商品だが、6年前に張替えてまだ使用。いつかは自分のデザインのソファーに替えなきゃだが‥このソファー、面白いし(笑)。
d0032761_105688.jpg

RIBALTA(リバルタ)の話
[PR]
by hararana | 2014-06-09 11:04 | その他の話 | Comments(0)

今年はやけに‥

以前、家の敷地のヤマモモの木にビッシリと大きな実がついた年があった。単純に喜んで楽しんだところ、次の年に枯れてしまった。あぁそうか、最後に種を残そうと実をたくさん付けたんだなーと、ヤマモモに同情。
自宅の15m程横の小さな川に毎年蛍が発生するが、今年はやけに多い。窓外の山法師の木もひらひらとハンカチーフのような花を咲かせるが、今年は花がビッシリとついている。2Fの窓まで伸びた栗の木も今年はやけに花が多い。初夏の自然の風物を楽しんではいるのだが、なんとなく心のスミに引っ掛かるのは年寄りの心配性からか(笑)。

山の向こうがぼんやりと明るいのは福岡市の灯り。
d0032761_8523731.jpg
近所の子供が虫取り網で蛍を捕まえてるの図。(笑)
d0032761_8525693.jpg

この山法師の上に外灯があり、夜はそこから照らされた白い花がヒラヒラと浮き上がる。
d0032761_8531311.jpg

2Fの窓まで伸びた栗の木。この花が全部実になると、どの位の栗ご飯ができるだろうか?(笑)
d0032761_8534298.jpg

[PR]
by hararana | 2014-06-02 09:06 | その他の話 | Comments(0)