ハラハラ帳

<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

まぶしい新緑の下で

近所で親しくさせていただいてる莫窯さんに行き、できたてほやほやの器の撮影。つい先週あたりまで、庭の橡(トチ)の木の新緑が今年はやや遅いかなぁと思ってたら、瞬く間に芽吹いてきました。5/3〜5/5の窯場展は今年も好天に恵まれそう。上原さんの器や、彩りを添えるケイコさんの織物を眺めて、橡の木陰で寛ぐと、なんとものんびりとした気分になります。連休の後半はこんな静かな所ですごしましょう。(笑)

昨年作った組立式の撮影台がなかなか役に立つ。庭のベンチは皆さんのお越しをお待ちしております。(笑)
d0032761_19121946.jpg

これは昨年の5月始め。庭のシンボル橡の木は、今年もこんな感じです。
(さらに50cmくらい大きくなってるかも‥笑)
d0032761_19123210.jpg

[PR]
by hararana | 2014-04-29 19:14 | その他の話 | Comments(0)

B to C メーカーから直接ユーザーへ。

数年前より仕事をしている福岡県のこのメーカーの商品は、EC(エレクトリック・コマース)いわゆるネット販売のみで展開されてる為、インテリアshopなどで見る事はない。実物を見ないで高額の(だが直販だからshopよりは安い)オリジナルの家具が売れるのか?と思いきや、着実に売り上げを伸ばし、多くのレビューを頂いている。そのユーザーの声がまた口コミの宣伝となり、さらに相乗的広報効果を生む。ネットで購入する人は、安いモノを探すのではなく、欲しいものを探しているのだ、ということもよくわかる。
最初からデザインは、氾濫しているネット市場で一目で解るよう、ややグラフィカルなもの(それでいて機能は充実した)にしてオリジナリティを出している。写真のあるシリーズはすでに1000台の販売を超え、着実にこのメーカーの顔として機能している。ネットのいいところは、スペックなども店頭よりも詳しく説明出来るし、商品コンセプトも直接で非常に伝わりやすい。但し、ネット販売にはかなりのノウハウが必要。

上のシリーズはすでに1000台以上販売されている。
d0032761_11425326.jpg

キャビネット<トリム>。浅い引出し、深い引出し、開き戸の機能。
d0032761_1143784.jpg

サイドテーブル<ロータス>。ソファーは近々生産、販売予定。
d0032761_11432148.jpg

[PR]
by hararana | 2014-04-23 11:45 | デザインの話 | Comments(0)

魔法のノコ刃

仕事で模型をつくる為の卓上の糸ノコ盤(20年モノ)が壊れたので設備投資をして、新たに手にいれた(といってもオークションで超安値で買ったのだが‥ケチくさ・笑)。合わせて東北の組木工房が使ってるという外国製のノコ刃を買ってみたら、今までのが何だったのか?と言う程切れ味がよろしい。
ところが数日後、親しくしているオートマタ作家のHさん(糸鋸作業のプロ中のプロ)が、「ハラさん、このノコ刃を使ってみませんか?」と持ってこられたのは、国産の手仕事で仕上げている刃(後で調べると、チマタでは魔法の刃と言われてる有名なK製作所のモノ)。試しに以前の糸ノコではまず無理だった25mmの堅木のブナ材をU字に加工してみた。極細の刃であるが折れることなく、スムーズに切れ、正確に直角もでている。それより驚いたのは、切り口がペーパー掛けする必要もないくらい滑らかで光ってるではないか!なんという魔法の刃!いままでバンドソー(帯ノコ)ばかりであまり出番がなかった糸ノコ盤、これから出番が増えそう。よかった、ヨカッタ。え?話がマニアックすぎるって?(笑)。

仕上げもせずに切り口が光ってる!なんて‥(笑)
d0032761_16571991.jpg

これわかりますか?上は15センチ程の1/5プレゼン模型。下は商品となり、工場で生産されている実物の写真。
d0032761_17164675.jpg

検討する為に製作した模型。製品化した最終模型はメーカーに有ってここにはない。
d0032761_16582288.jpg

事務所の工作コーナー。ドラフターとパソコンとデスクとこの場所を行ったり来たり。(笑)
d0032761_16583980.jpg

[PR]
by hararana | 2014-04-18 17:23 | デザインの話 | Comments(2)