ハラハラ帳

<   2014年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

地球上の貴重な水資源

を確認の為、エンカルからアルゼンチンに入り、250km程のイグアスフォールへと。イグアスの滝は、川の真ん中でアルゼンチン側とブラジル側に分かれているが、長い遊歩道のある(1ー2時間コース)アルゼンチン側から。真夏のアマゾンではみんな半裸状態。日本は冬だったのを忘れてしまう(笑)。いや、デカイ。これは口では説明出来ないので、ま、画像を数枚。当夜は、イグアス泊り。これがなかなかよかったのだ。では又。(笑)

d0032761_21323187.jpg

d0032761_2133249.jpg

d0032761_2133483.jpg

d0032761_21341376.jpg

d0032761_21344312.jpg

d0032761_2139964.jpg

[PR]
by hararana | 2014-02-28 21:32 | その他の話 | Comments(0)

歴史と日本人

Paraguay唯一の世界遺産のイエズス会伝道所遺跡(ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナ)に行き(これは別途レポートで)、そのままMargaritaの実家へ。ヤスは日系2世のマギーと結婚してパラグアイにきたわけだが、その実家はエンカルから20km程のところの広大な緑の中に位置する農家。そこでちょっとスケール感を失うはめになる。敷地に接して2km程行き、ようやく家(スパニッシュスタイル)があり、併設して体育館のような車両小屋、牛、豚、鳥舎、幾つもの作業場。敷地の入口2箇所には、敷地の管理人ための住いもある。敷地の全ての概要は掴みきれない。夕方、BBQしようと車で5分ほど行った森には、サッカー場、いくつもの憩いのハウス、プール、…。公園かと思ったら、これが全てプライベート施設とは、まったく、口をあんぐりとあけるだけ(笑)。そこで乗馬、大勢でのBBQ(この日は豚2頭と牛など・笑)、日系のUさんMさんたちの濃いお話しを伺う。60年前に移民として入植され、森を切り開き、想像もつかないご苦労をされれて今の農場があるわけだが、それ以上に、いま殆どの日本人が失っている良き日本人してのアイデンティティを持っておられる事に教わること大。マギーのルーツはこれであったか、と。
なんだか、毎日頭をリセットしなくてはついていけない。がしかし、地球の裏側での日々はつづく。明日は早朝起きで、アルゼンチン側へと。(いつ眠っているのだ?笑)
d0032761_1101077.jpg
d0032761_161199.jpg

d0032761_172539.jpg

d0032761_112511.jpg

d0032761_118616.jpg

d0032761_1165790.jpg

d0032761_1205578.jpg

d0032761_123285.jpg

[PR]
by hararana | 2014-02-27 01:24 | その他の話 | Comments(0)

調査は続く…

さてさて次の日の夜、というより夜中の0時過ぎから4時までというと、日本では何と言うんだろうか。カーニバルの最終日。今度は前日のVIP席と違って、スタンド席(これとてチケットは中々取れない)。
この日は文化人類学による、意識と行動の調査。
日本人は、他人に楽しませることをヨシとする。(おもてなし・?)
ラテン人は、先ず自分が楽しむことをヨシとする。
さー、どっちがいいか、考えてみよう。(笑)

カーニバルの美女軍団、コアな観客は実はあまり見てないんです。楽しむのに忙しくて。(笑)
サンバのリズムで踊り狂い、ビールを飲みながら、泡スプレーをかけあう。もう友達も他人も関係なし。
あー、身体が痛い! 学術調査は疲れます。(笑)
d0032761_13184973.jpg

d0032761_13193492.jpg

[PR]
by hararana | 2014-02-24 13:25 | Comments(2)

早速行動開始

今回の旅の目的は、地球上の酸素の多くを供給しているアマゾンの実態を目視して、サスティナビリティ(持続可能性)な社会形態を探ること、また、人間工学的な椅子のデザインに欠かせない、人体における日本人と他国人との体型の比較調査、現代の日本人が見失ってる真の豊かさとはなにか?文明と文化のちがいを考察する事、など多岐に渡っている。
と、いうことで昨夜は11時から3時まで、疲れも忘れて地元エンカルのカーニバル(パラグアイでは最もでは有名な)へ。ブラジルのビールBRAHMAに関係してるホセさんの計らいで特別席を用意して頂いて、たっぷりと調査完了、疲れも眠さも忘れて一緒に飲み踊りしまった。あ、今年のは今日で最後らしいので、今夜も行くことになってますが(笑)。
極小衣装で踊っている出演者は、ほとんど地元のセニョリータ達とのこと(あそこのスーパーの娘、電気屋の娘、…とか)。
今回の旅費、経費で落ちるだろうか?(笑)
d0032761_3144632.jpg

d0032761_8543452.jpg
d0032761_854818.jpg

d0032761_2331254.jpg

[PR]
by hararana | 2014-02-23 03:08 | その他の話 | Comments(7)

一気に南米!

マラソンでも最後の35kmを過ぎてからが一番キツイという。マイアミで乗り継ぎ、いよいよアスンシオンまで後3時間となってからのキツかったこと。だが、なんとか無事到着!!ヤレヤレ、長い飛行旅だった。(笑)
空港でマギー、ヤス、マサと再会。マイとは初会か。しかしまだまだ、ここから、車で一路南へ400km。途中の風景はやはり南米。レストハウスでエンパナダ(パラグアイ名物)を食らうと、その横には果物の山。アルゼンチンとパラナ川をはさんだ、国境の街エンカルナシオンが目的地、着いた途端にビールを飲むと、こりゃぶっ倒れてねてしまうぞ。

d0032761_5353554.jpg

[PR]
by hararana | 2014-02-22 05:39 | その他の話 | Comments(0)

ヤレヤレ、まだ中程。

福岡から成田、そこから12時間ほどかかってようやくダラス。ここでのトランジットタイムが少ないので、荷物は機内手荷物だけにしたのだが、1時間程早着。くそっ、そんなことなら…と。まだまだ旅の中程。ここからマイアミに向かい、さらに乗り継ぎ更に一夜、ちょうど日本の地面の下、地球の裏側へと。さてさて、無事にたどり着けるか(笑)。体はもう苦痛を通り越してまんがな。

ダラス・フォートワース空港。
d0032761_7311280.jpg

[PR]
by hararana | 2014-02-21 07:32 | その他の話 | Comments(2)

チョイとそこまで?

時々新幹線などで関西に行ったりする時、2時間を過ぎると、椅子に座りずくめで疲れてくる。
やはり移動で我慢できるのは2時間までか、といつも思う。
なのに、それを考えると今回の旅は、やや心配。(笑)
前日にドタバタとパッキング。
風邪薬、鼻炎薬、消化薬、下痢止薬、整腸薬、頭痛薬などヤクの用意は万端。
ipadの中に仕事途中のは少し持参するものの、さて、チョイと頭をリセットしてくるか。

d0032761_9415156.jpg

[PR]
by hararana | 2014-02-20 10:18 | その他の話 | Comments(0)

街中の学校で、今年も最後は木屑まみれ。

FDSの卒業制作展が、昨日よりアジア美術館と学校で催されてます(2/11まで)。10月から4ヶ月、2年間の授業の集大成、毎年の事ながら、今年も学生達は最後は、徹夜続きの木屑まみれ。なにはともあれ、ワタシとしては怪我なく終えたことに、ホッと(笑)。家具デザインの授業なのでプレゼンボードと模型での制作でもヨシとはしているが、学生達は実際に使える実物大の作品の制作にトライしたがる。ま、したいことはとことんやらせるので、実際大変な作業となる。木工室などあればいいが、ここは福岡市内のど真ん中。いつもの授業教室が最後はほぼ木工場化。我が教室だけ、もの凄い機械騒音を出して埃まみれ(スミマセンネ・笑)。いろいろな刃物の機械を使うので、扱いには念を入れさせるが、それでも怪我だけは心配する。いままで木工機械など使ったこともない女子学生達も、自分の作品を実現させるためには必死。しかし、こんな経験がきっと将来貴重な糧となるはず。
視覚情報デザインから、立体空間デザインまで、なかなか力作ぞろいです。
FDSの卒業制作展、お近くの方は是非、足をお運びください。

街中の学校で‥(笑)
d0032761_18454664.jpg

[PR]
by hararana | 2014-02-07 18:51 | デザインの話 | Comments(0)