ハラハラ帳

<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

一脚のスツール

事務所の片隅にある一脚の古ぼけたスツール。いまだ座れる現役のイスです。成形合板という接着のみで作られているので、接着材の劣化と共にあちこちがはがれも出て、その都度補修。それもそのはず、これはワタシが学生時代に始めて家具をデザインして作った作品なので、もう40年近くになる古いもの。当時の学校の設備で自分で型を製作し、その当時の接着材、素材はラワンの単板で、プレスをして作った家具。このスツールがなければ、たぶん今、家具のデザインはしていないだろうと思います。大学での就職活動の時期、このスツールを柳宗理先生に見て戴いたところ、天童木工に紹介状を書いてやるから行ってこいと言われ、大学4年の夏休みにこれを持参し、夜行列車で日本海を北上して行ったものです。その時からお世話になることになったのが、天童木工の当時は開発課長だった菅沢さん。柳先生と菅沢光政さんが、私の家具のデザインでの二人の師。
さて、40年前に9tの厚さで製作したこのスツール、今の技術と工場製作であれば、6t〜7tの厚さでも可能なはず。この超軽量木製スツール、どこかで作れないだろうか?メーカーを、探してみるかな。(笑)
d0032761_13563294.jpg


天童木工の本/菅澤光政著
[PR]
by hararana | 2011-08-28 13:18 | デザインの話 | Comments(0)

自然素材を求めるのは世界共通。

3年程前に県内のベッドメーカーより、それまでの主力である輸入販売から、国産ひのき材を使った自社ブランド製品の開発をやりたい、ということで仕事を依頼されデザインした「ひのき」シリーズ。国内森林の間伐材の有効利用ということに賛同して仕事を進めました。新しい市場開拓の為、それまでの会社のイメージと違うブランドを構築しようと、商品開発と並行して、カタログ、HPなども含めてデザインしました。いつものように、コピーライターやカメラマンも兼用して(笑)。その商品を東京の国際家具見本市に出展したところ、台湾のバイヤーからのコンタクトがあり、台湾の大手百貨店の家具コーナーで展開が始ったのが一年前。今週、台湾の新光三越百貨店(台中中港店)で8月の催事が行われており、その販促物の写真が下のもの。(ま、台湾仕様?で賑やかに色づけされていますが)。漢字なので、なんとなく意味は解ります。日本製を輸入し、台湾で販売している為、価格はかなり高いものになっていますが(日本感覚では、2〜3倍の価格)ターゲットは、台湾の富裕層ということです。東南アジアでも身体に優しい自然素材を生かした商品は求められています。
d0032761_8512577.jpg

木工所のブログより
[PR]
by hararana | 2011-08-23 09:02 | 家具の話 | Comments(0)

プライベート・ビアガーデン(笑)

事務所は街中の国道沿い,3階建ての3Fにある。これが安普請のビルなので、夏の日中は、屋根に断熱材が入ってるのか?という程温まる。朝からエアコン付けて仕事してれば、ま、なんとかしのげるが、打合せなどに出て夕方帰った時は、しばらくは入れない程熱気がムッと。外階段の手すりが低いのも、違法建築ではないのか?ま、見通しがいいのは構わないので、これは文句は言わないが。で、そんな日の夕方戻った時には、とりあえず室内換気をしながら、エアコンを入れて、短パンTシャツ姿で、団扇を持って、しばし外の踊り場で涼む。その時、よくやるのが、小さなテーブルとイスを持ち出して、即席ビアガーデン(笑)。下界で行き交う車を眺めながら(たかだか3Fなのだが)グビッ!とやる味も又格別。イスは3脚ほどは置けます。どう?アナタも一杯やりに来ます?(笑)
d0032761_17515238.jpg
d0032761_17521376.jpg

[PR]
by hararana | 2011-08-15 17:54 | その他の話 | Comments(0)

福岡市美術館で製品展示(2011.8.2〜7)

出身大学(美大)のOBの方に誘われて、福岡市美術館で催された「九州けやき会展」という展に、椅子を2脚出品しました。美大ですから、絵画から彫刻、陶器、等などバラエティに富んだ作品展でした。私のは作品というより、メーカーが制作した製品ですので、本来美術館などで展示するモノでもないのですが、ま、固いこと言わずに、楽しく参加させて戴きました。椅子は見るモノでなく座るモノですから「台から降ろして座ってください」とのコメントも添えての展示です。OB先輩の方々のご好意で、入り口正面に展示していただき、普段ショールームにあるより立派にみえました(笑)。2脚の椅子は、針葉樹と広葉樹、白木と濃木、直線的と曲線的、和と洋、というように対比したものを選んでいます。しかし共通するのは、シンプルさを根底に置いて、座りやすい事、軽い事、それぞれの工場の得意技術を生かして作ったモノであること、などです。日頃ご無沙汰している旧知に方々にお会い出来たことも楽しかったです。夏の一番暑い最中、ご高覧いただきました皆様には、この場を借りてお礼申し上げます。 さて、と。まだまだ暑い夏は続きます‥(笑)
d0032761_9495358.jpg
d0032761_950996.jpg

左は福岡県甘木の椅子メーカー、シキファニチアの製品。
右は佐賀県多久市の建具工房、むっくの製品。

展示会の様子
[PR]
by hararana | 2011-08-09 09:53 | その他の話 | Comments(1)