ハラハラ帳

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

コンパクトで精度バッチリ。

25年前に東北から九州へ戻る時に、餞別にと、仕事の先輩であるサイトウ氏より、当時のニコンのフラッグシップ機であったF3を、交換レンズ数本付きで貰った。「これ、オレよりオマエの方が役に立つと思ってよう。」と、目の前にカメラバッグをドスンと置かれた時は、まさに驚き、目が点になった(笑)。この時のレンズ群、フィルムカメラを使わなくなって10年、お蔵入りしていたのだが、最近、又役立つようになった。今のデジ一眼レフに装着すると(最近出来ることがわかった)、ピントだけでなく露出もマニュアルでしか使えないのだが、先日、カメラに装着できる超コンパクトな露出計を発見し、手に入れた。フォクトレンダーのVCメーター2。これが又イイ。操作は簡単。精度はバッチリ。サイトウさ〜ん、餞別に戴いたレンズ、25年後もまだ役立ってるよ(笑)。アリガトネ。

カメラのアクセサリーシュー(ストロボ用)に装着する。
d0032761_840810.jpg
特にマクロレンズ2本が使えるようになったのがいいなぁ。
d0032761_8402765.jpg

[PR]
by hararana | 2011-07-28 08:43 | その他の話 | Comments(0)

老いも、また人生。

俳優の原田芳雄さんが亡くなられた。なんとなく、心に残る人だと思っていた。その原田さんが3年前にあるインタビューで話された、老いについての話。「衰えはつらくないね。自分の身体がどんどん動かなくなり、今までできたことが出来なくなっていくかもしれない。でも、その「できない」ってところから始まる「できること」が楽しみ。とにかく衰えていくことはおもしろい。笑えてしかたないね。」に、思わずうなずいた。
d0032761_17553532.jpg

数年前に書いたかもしれないが、近くのスーパー(事務所から300m程)で珈琲豆を買って帰り、帰り着く寸前、手にしたむき出しの珈琲豆の袋を見てレジを通ってないのに気づき、あわてて戻って、レジでお金を払ったことがある。
今日の昼、お茶と弁当などを買って、いつものように考え事をしながら歩いての帰り道、前回と同じような場所で、なんだか歩きにくいことに気が付いた。ふと見ると、なんじゃコレは?スーパーのカゴを手にしてるではないか(笑)。又もや、急いで戻り、カゴを返して袋に入れて帰ったきた。しかし、前回はレジさえも通らなかった。今回は、レジは通ってんだから、一段マシではないか、老いは克服されつつある、と良い方に考えることにした。(笑)。
[PR]
by hararana | 2011-07-22 17:59 | その他の話 | Comments(2)