ハラハラ帳

<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

単に仕事というよりも‥。

現在試作してるモノに関しての件で、仕事先の試作担当の職人さんから電話。で、その打ち合わせの後、今、こちらで新しく図面化しようとしているイスについて話すと、「ハラさん、うんと難しいのをやりましょうや」「だれでも出来るもの作っても、面白くないですし」と。なんとデザインする側にとっては、やる気が出る言葉。普通、試作現場に図を渡すと、なんとか簡単にできる方向へ、安価にできる方向へと、いきたがるもの。しかし、このメーカーは違う。社長も同様。開発する側、製作する側、会社の方向を決める側も、目指すところは、他にメーカーにないモノ、出来ないモノを作る。ということで一致している。こんな会社と仕事をするのは、いくら大変でも、苦労は苦痛ではない。だから、いくら時間があっても足りないのか(笑)。

原寸になんども線を入れながら、カタチを作っていく。模型でカタチが決まって、ようやく試作の為の原寸図を作成する。時間がかかる。しかしこの過程は欠かせない作業。
d0032761_17454953.jpg

[PR]
by hararana | 2011-05-29 17:53 | デザインの話 | Comments(0)

廻す男

癖というより、小さな頃は誰もがやってたと思われること。それが大人、いや年寄りになっても治っていないだけか。
雨の朝、傘を差して駅へと歩いていた。午後は晴れの予報だったので、普段はほとんど使わない折り畳みの傘をさして。すると‥、急に傘が落ちてきた。あり得ないことであるが‥、なんと柄が根本からポッキリと折れ、上の笠の部分だけが頭に落ちてきたのだ。何故、柄は折れたのか?これを金属疲労という(笑)。傘をさすと、つい廻したくなる癖がある。子供ではなく、年寄りの今でもそうなのだ。そういや、つい先日も安物のビニール傘が壊れたのを閉じて柄の方から見てみたら、傘の骨は綺麗に渦巻き状にねじれていた。傘をさして、笠をクルクルとまわす。持ち手はJ型に曲がっているので、廻し易い。勢いよくまわして、止め、次は逆方向に廻す。これを数度繰り返すと傘は壊れる(笑)。
だいたい、子供は何でも廻したがる。近所のマミちゃんは、小さな時からいつも道ばたの草を取っては廻していた。聞くと、廻す草はなんでもいいわけじゃなく、決まった草があるらしい。廻すのも奥は深い‥(笑)。

ぽっきり折れた、20年ほど前に貰った折り畳みの傘。ま、年に1回くらいしか使わない傘なので、20年もったということでなく、20回はもったということか。
d0032761_1536087.jpg

[PR]
by hararana | 2011-05-21 15:41 | その他の話 | Comments(0)

男の逸品

或いは、大人の逸品というのがある。雑誌も多い。とかくこだわる男がいる。
かくゆう、ワタクシも持ち物にはとことんこだわる。モノを買う時も、下調べをして、悩みぬいてようやく手に入れる。で、何を基準にこだわるのか?実は高いものを買わないのである(買えないという説が正しい・笑)。高価な時計や、服装を身につけてる人種が理解できない、信じられない(笑)。但し、安けりゃ何でもいいかというと、そうでない。それなら持たない方がまだマシ。今の世の中、よ〜く考えると、なけりゃなくていいものだらけなのだなぁ。少しづつ持ち物を減らして、2年後には今の半分にするかな。いや、するぞ!

TPOに応じた時計。左は仕事でどこかへ行く時用(見やすいSwatch、15年モノ)。中は、山、海、渓流などのアウトドア用(しっかり防水、15年モノ)。右は以前トライアスロンをやってた時のクロノグラフ付きのモノ(最近又、ランニングを始め、電池を入れたら復活。22年モノ)。しかし、実にモノ持ちがいいなぁ。で、すべて一万円以下(笑)。
d0032761_18455614.jpg

愛用の眼鏡。手前は、なくしたので最近ネットで仙台より購入。フレーム¥2,800(笑)。奥は7mmの厚さに折り畳める老眼鏡(イタリア・ナニーニ社製)¥2,600。
d0032761_18464221.jpg

と、まあ、こんな調子で。服装もほとんどTシャツにワークパンツだから、さらに安価に済んでいるかも。いい年をして、スーツというものを持ってないなんて人には言えないなぁ(言ってしまったが)。
しかし、持ち物はなぜが黒が多い。黒さえ持ってれば、逸品らしいし‥(笑)。
d0032761_18473127.jpg

[PR]
by hararana | 2011-05-07 18:56 | その他の話 | Comments(0)