ハラハラ帳

<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

抽出し、引出し。

もう20年以上前のことだが、収納家具(衣類の)家具を作ってるメーカーから、これからの会社の方向性を探る新しい家具提案の依頼を受けた。工場を見て、引き出しの製作を得意としてるので、それを生かしてなにかやれないものかと考えた。引き出しというのは単なる収納の1つのスタイルに過ぎないが、昔の薬箪笥のように、それが整然とたくさん並んでると何故か不思議な魅力がある。又、その当時、いわゆる箪笥はあっても、リビングにおいて引き出しだけの単体家具というのもほとんどなかった。で、リビングで今の暮らしに生かせる引き出しの家具を提案した。整然と並んだ引き出しではあるが、実は内部はいろいろな大きさの引き出しの組み合わせ。モジュールの最小の単位はCDを縦に入れた寸法。それでおのずから全体の寸法も決まる。末永く愛用したい為、全てムク材で製作。経年変化で焼けることを想定して材はアルダー材。その最初の試作品が我が家にあり、それこそ20年来愛用。リビングには引き出しがあれば入れたいコマゴマとしたものってのが結構ある。名前は引き出しのチェストと、ゲームのチェスから「chess」と名付けた。引き出しの前板にスリットをいれて、トリッキーな引出しをつくるという手法は、その後あちこちで真似されるようにもなった。

当初の全てムク材のこのチェスト、手間も掛かるし結構高いものになったのであまり売れなかった。で、メーカーより、このコンセプトはそのままに、より買い易い価格帯で再デザインして欲しいという要求があり、作り易くして材も替えて再デザインしたものが、今でも販売されている「beesbee」(ビーズビー)という商品。以後20年に渡りコツコツと生産販売され、今でも年に数度販売明細書と共に、デザインロイヤリティを戴いている(このようにデザインの版権を守って、開発契約期間が過ぎてもデザイン料を支払ってくれるメーカーは実は少ない。その点ここはよい会社)。引手は当初、木をロクロで引いたものを付けていたが、より斬新な引手も欲しいというで、ビー玉を使ったガラス製のものをデザインした(強度試験もOK)。
又、ビーズビーという名前は、メーカーから名前を考えて欲しいと言われたときに、bees(ビー玉)かbeeと言ったのだが、シキシャチョウなにを勘違いしたのか続けてbeesbeeとカタログに印刷。で、お互いに、まいいか、とそのままになったもの。

20年間自宅で使用のchess。引出し内部は4パターン。アルダー材は飴色のいい色になった。中には、カメラ、薬、CD、電池など、こまごましたものが入っていて実に便利。
d0032761_11741100.jpg
当初のアイテムは4タイプ。これはナラ材で作られたもの。(重い・笑)
d0032761_118180.jpg
chessからbeesbeeとなった現行のもの。(7タイプあり)
d0032761_118225.jpg
ビー玉引手。最初はマットなスリガラスのビー玉だったが、色好き(笑)のシキシャチョウの好みで色が加わる。
d0032761_1183829.jpg

[PR]
by hararana | 2010-10-26 11:34 | デザインの話 | Comments(0)

闇に浮かぶ本

このところ、日曜は出来るだけ休むようにしている(あたり前だ!)。秋はいろいろと畑作業もあるので、早朝にそれを済まし、あとはゆったり、と。一番身もココロも休まるのが、ハンモックに揺られての読書。外は刈り入れも終わった秋の風景。チビチビと、ウィスキーやジンを舐めながら、眠くなったら、ウトウトとするという案配。読むのは本だけでなく、最近はipadも愛用。これは、パソコンと思わずに機能を限定した道具として使うと、なかなかの便利モノ(無線LANの環境が必要)。使うのは、 WEBを見る、アプリで雑誌や本を読む、たまにメール。これだけで充分(仕事時はたまにフォトストレージとして使ってたりもするが)。指先でページをめくる、部分を拡大する(老眼鏡不要)、タッチパネルの動作も簡単。薄くて、充電池もたっぷり。
そのうち、夕方になると、あたりが暗くなって、もう、本はライトがないと読めなくなってくる。ところがこのipadのヤツは、バックライトなので、読書灯が要らない(日中に比べて照度は落とすが)。文字と写真が闇に浮かぶ。

暑からず、寒からず、一番いい季節到来。ツマミは乾きモノ(笑)。
d0032761_17541727.jpg

タテ位置、ヨコ位置、自在。本はもう読めないが、ipadは読める。字が小さい?じゃ、指先で拡大して、と。
d0032761_17542919.jpg

紙本よりめくり易いipad本(笑)
d0032761_624972.jpg

[PR]
by hararana | 2010-10-19 18:04 | その他の話 | Comments(0)