ハラハラ帳

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

覗く、それも上から。

と言ってのカメラの話し。昔から上から覗いて写真撮るのは好きだった、というより、仕事でも趣味でも小さなモノを撮ることが多いので、ポジション的にはこれは楽。例えば高さ3センチの草花を横から撮るのは通常は無理でも上からのファインダーがあれば可能。フィルムカメラでは、一眼レフのファインダー部分をウェスストレベルのものに替えて撮ってたので、デジカメでファインダー部分がフレキシブルに動くタイプが出たときには、即反応。あれこれと使用遍歴を経て今でも上から覗けるタイプのものを愛用。で、最近デジ一眼でもそのタイプが出たので、ムムムと物欲が疼いて(あくまで、仕事の為、シゴト…ホント)手に入れた。しかしカメラの価格って30年前より安くなってるのだなぁ。本だってそう。ラーメンの値段も平均所得も5倍以上になってるってのに‥。なんで昔は金もないのに、カメラとか、高価な本とか買ったのだろうか?なんか、今は金の使い方を間違ってるのじゃないだろうか、と、上から覗きながら、思うオッサンであった(笑)。

昔のフィルムカメラのウェストレベルファインダー、左右が逆に表示されるので、扱いに慣れが必要だったが、ルーペもついていてピント合わせもし易かった。このころのカメラの構造ってシンプルで解り易かったなぁ。
d0032761_7105122.jpg


可変式の液晶ファインダーのソニーのデジカメ、130万画素、メモリ−4MB(GBではアリマセン・笑)。やたらとバッテリーの持ちが良かった。ファインダーは上にフラップして回転する。
d0032761_7115950.jpg


これは友人から「オレ使わないから、」と送られてきたもの。ニコンの名品だったが、今となっては、老眼の目に液晶画面が小さい。
d0032761_7121043.jpg


非常にコンパクトで、軽量なカシオのデジカメ。これはほんとに使い易かった。このカタチで、スペックアップして出してくれたらなぁ。
d0032761_7122796.jpg


日頃持ち歩いてるリコーGX200にも、上から覗く為のアイレベルファインダーを用意している。しかし、このファインダーは小さくてちょっと使いづらい。
d0032761_10332290.jpg


最近手に入れたのがバリアングルファインダー搭載のデジ一眼レフ。ライブビューでのAFが効くので、こりゃ便利。ま、一眼レフの場合は接眼ファインダーを見て撮る場合の方が多いが。
d0032761_7132213.jpg


でもみんな、なんでこんな便利なのに、上から覗かないだろうか?
[PR]
by hararana | 2010-05-30 07:21 | その他の話 | Comments(0)

イメージと結果を一致させること。

日頃我々がモノを見てる場合は両目で立体的に見ている。又、バーチャルでなければ、それを原寸大で見ている。ところが、デザインや設計のプロセスの中では、それを図面やレンダリングのように平面的に描いたり、又、画面の中に納まるように縮尺して表したりする。なかなかこれがクセモノで、実際にモノが出来上がってみると、描いたイメージと実物のギャップがでることがある。経験で出来るだけその差が縮まりはするが、それでも出来てみないとわからないということも多い。だからプロダクトデザインでは、試作を繰り返してその都度、そのカタチを確認する。出来ればプレゼンする前の段階で、それを修正確認しておきたい。そういうわけで、最近の仕事は、模型、それも原寸大で作ることが多くなった。時間はかかるのだが。先日、とあるデザイナーがワタシの仕事模型を見て、「すごいねー、昔は俺も模型とか作ったけどねー、最近は時間がなくてもう出来ないなー」と。呆れた。仕事をこんなにも勘違いしてるデザイナーが居るから、世の中、くだらないモノだらけになったんだろう。そのデザイナーもどきとは、もう一生、話をするのをやめたが(笑)。

イスの図面は原寸サイズで描く。それでも再確認の為、原寸の模型作り。事務所はもう、木屑だらけで工房の模様。
d0032761_15392726.jpg
同形状でも数ミリ寸法が違えば、量感は変わる。ペーパーモデルで確認。
d0032761_15393985.jpg
テーブルの脚の原寸模型。紙で作ったり、削りやすい木で作ったり。
d0032761_15395314.jpg
こちらは左が1/10の模型、右が1/5の模型。スケールが倍になれば、立体では8倍の量感になるわけである。平面の図ではこの差は出て来ない。
d0032761_1540510.jpg

[PR]
by hararana | 2010-05-16 15:49 | デザインの話 | Comments(0)

今週のおもちゃ〜!

というところから、いつもガッコウ(FDS)の授業は始まる。ま、朝イチバンはワタクシも学生も、まだ頭が回転してはないので。ドラエモンのポケットや、ヤッターマンのビックリドッキリメカ、のように何か出てくるといいのだが。ま、朝事務所を出る時にその辺に転がってる?モノの中から、適当にカバンに入れて持っていくわけです。で、先週カバンから取り出したのは、うやうやしく皮の袋に入った金玉、いや、金の玉。もう30年以上前に手に入れた、デンマーク製の<スーパーエッグ>。ズッシリとした真鍮の塊。何をするものかって?ただ、単に転がして遊ぶだけ(笑)。カードの上などに置いて、カードをスッと動かしたり、軽く指ではじくと、1回転や2回転してスクッと立つ。簡単でないから、ついつい何度もトライ。退屈な会議の時などの指あそびみたいなものです。デンマークの物理学者ピートハイン博士考案のこのスーパーエッグ、1959年に彼がストックホルム市街地にある広場の道路計画の形状を依頼された時に解答した、<スーパー楕円>の形状からきたもの。円と楕円を表す公式の一部を変えて、いろいろと検討してだされたスーパー楕円は、この後、家具やランプシェード、あるいは競技場などにも応用されて、いまではあちこちで見ることが出来る。テーブルなどでは、同じ面積のレストランでは、長方形のテーブルよりも15%も数多く収容出来、しかもスムーズな動線が可能という利点もある。
金の玉を取り出して遊びながら、実はデザインに関連したこのような話もして、授業のイントロとするわけです。ま、いつも高尚なオモチャばかりではないが。先々週はチープなプラスチックの回転トラだった(これがよく出来ていて面白く、学生からの人気もある)。さて、来週は何持っていこうか?

高さ3cmほどのちいさな金の玉。
自分のは何センチだろうか、と思わず股間に手を‥、そんなことするわけはないって。
d0032761_1410111.jpg
数式を元に自分でもいろいろな大きさで、カッティングボードや、トレイなどを作ったこともある。
d0032761_14102531.jpg
家具デザイナーのブルーノ・マッソンと一緒にデザインされたテーブル(フィリッツ・ハンセン社製)は有名。
d0032761_1412372.jpg
d0032761_1418302.jpg

[PR]
by hararana | 2010-05-01 14:31 | デザインの話 | Comments(0)