ハラハラ帳

<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

クレーマー?

餃子を食おうとした。タレに辣油(ラーユ)を入れて。キップのボタンを押す、む?あれ?出ない。出ないと振りたくなるもの。振れば辣油が容器に垂れて、油で汚れる。そうなれば、容器は掴まずに指先で挟み、ボタンを押そうとする。するとボタンに力が入らず、ますます出ない。これを負のスパイラルという(笑)。次の日、その調味料メーカーのサイトを見ると「お客様相談センター」に、何なりとご意見をどうぞ、とある。で、「かくかくしかじかで‥‥、この容器は何も問題はないのであろうか」という旨をメールしてみた。返事は早かった。メーカーはS&B食品。丁寧なお詫びの言葉と、ビンを調査してみるので着払いで送って貰えないか、という返事。さらに数時間後、担当者より直接の電話。状況確認と、送り返してもらう為の封筒をこちらから送りますとの事。電話の応対は丁寧。たぶん、これはクレマー対策というので、過敏になってるのだろうなぁ、というのがわかる。2日後に送られてきた封筒には、手紙と新しい辣油といくつかのお詫びの商品も。商品を送り返す時には、こちらもボトルについての考察を書いた手紙を同封。使用していた瓶を冷蔵庫に入れた為、プラスチックのボタンが多少硬くなったこともあるかもというこちら側の非も記して(そうする人も多いはず)、ボタンの上側にある押マークは、下にあった方がいいのではないかという提案も。いずれにせよ、押す場所によっては、やや出にくいと感じている人は多いはず。すっかりクレーマーとなったワタクシですが、S&B食品に対しては、その迅速で丁寧な対応で非常にいい印象を持った次第(おまけを貰ってからではない・笑)。以前のブログで書いたこともあるが、クレームというのは、その対応の仕方で逆に評価を高めることも多いという1つの例。

S&B食品より送られきた替わりの品とオマケ。
d0032761_1257059.jpg

辣油って垂れるからこうやって器に入れているひとも多いはず。
d0032761_12571265.jpg

[PR]
by hararana | 2010-04-26 13:05 | その他の話 | Comments(0)

家具の上に春の彩

3月から4月、雛祭りというわけではないが、我が家にも部屋のチェストの上に小さな人形達が並べられる。家のカミさんが、実家から貰った小さな雛人形などと、合わせて少しづつ集め足したモノなど。いずれも2〜3cm程の小さなモノなので、大したスペースを取るわけではない。普段もガラスや木のオブジェを置いている家具の上にその時期だけ緋毛氈を敷く。すると、一気に日本のハレの空間になる。「ハレ」と「ケ」、柳田國男先生もうまく言葉にしたものだなぁ。飾り棚ではなく、家具の上にモノを飾ることはよくあることで、ならばそれを想定した家具もあってよい。

これは今年の様子。
d0032761_6284038.jpg

お気に入りの本やCDは平置きして表紙を見せたいもの、ということでデザインしたリビングチェスト。大きな引出しはスライドレールで軽く動く。
d0032761_62936.jpg

[PR]
by hararana | 2010-04-12 06:38 | その他の話 | Comments(0)