ハラハラ帳

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

一皮むけば‥

キャビネットの扉などは、だいたいフラッシュ構造といって、木枠や合板を下地に表面は薄く木をスライスした突き板というのを貼って作ってあることが多い。無垢の木では、大きな面積の板は、先ず反って扉が閉まらなくなるし、第一、重くて実用的ではない。その合板というのは、DIYの店でも売っているラワンベニア。しかし、実は、ベニア(veneer)というのは、薄い一枚の単板のことをいうので、正確には合板はプライウッド(plywood・重ね合わせた板)という。で、家具等に使う場合は、その表面にさらに薄い、綺麗な木目の木をスライスして作った突き板(コンマ数ミリ厚の)というのを貼って、使用している。どんなに高価な銘木を使った扉でも、一皮(コンマ数ミリ)むけばラワンベニアというわけだ。これを化粧板という。化粧しているわけです。
これは、実にまやかしではないかと、昔、あるメーカーを説き伏せて、ラワン合板そのままで、キャビネットを作り、展示会に出したことがある。コピーは「すっぴんの家具です」。結果は、全く売れなかった。その展示会の対象はお店のバイヤー達なので、そんな家具は市場にないので、売れるはずがない、と。だから、日本中の家具店はダメになったのだろうと今でも思う。なんせ、自分でモノを判断できないんだから。今売れてるものを基準でしか、モノを判断できないバイヤー達。ま、そこんとこ話し出すと長くなるからやめるが。
自宅を作った時、家の中は出来るだけガランドウにして、家具で空間を仕切るようにした。その家具の材はすっぴん材。すなわちラワン合板で全て製作した。但し、ラワンベニアの色は全て赤っぽい同系色のものを選んでもらった、そして塗装は工業生産的塗装。我が家に来た人は皆、これがDIYで売っているラワンベニアと同じものとは、言わないとわからない。ローコストでロープライスな収納家具。但し、素材感がある高質家具。


L型のキッチン収納家具、両面使いのカウンターなど、全てラワンベニア製。階段下はシナ合板で扉のみ付けた(家の壁面はシナ合板なので)。
d0032761_7164975.jpg
玄関のシューズボックスは天板のみシナ合板。右の天井まで扉の収納家具はw800のを3つ連結したものを背中合わせにして、両側から使うようにした(すなわち、これで空間を仕切る)。サイドのパネルは黒くペイントしている。
d0032761_22564766.jpg
システムキッチンではない。これもラワン合板ボックスの組み合わせ。
ステンレス部分は業務用の厨房を作ってるステンレス工場に出向き、特注で作ったもの。(驚く程、安価に出来たキッチン)。
d0032761_22571679.jpg

[PR]
by hararana | 2010-03-26 23:18 | 家具の話 | Comments(0)

記憶にのこること

今年も一年間のFDSの授業が終わり、卒制展、卒式、乾杯、と駆け足で過ぎた一ヶ月。老講師にはしばしの休息の3月。いつものように卒業式終了後、壇上からみんなの顏をパチリと。この笑顔を見る為に一年間、福岡市内まで通ってるようなもの。しかし、この学校は熱くて濃い。授業の後にも居残り、休みの日にも出校、卒制の最後の追い込み時期は何日も徹夜で学校泊(付き合う常勤の先生達は大変だろうが)ついこちらも引きずられてしまう。学生達もなかなか貴重な体験をしたはず。なんでも記憶に残る経験をすることは大事。脳みその中身ってほとんど記憶だらけ。その記憶が思い出せもしないゴミばかりじゃ、人生あまりにつまらない。
ま、なにはともあれ、ワタクシも春は気分をリセットしなきゃ。

一年のうちで一番いい笑顔。
d0032761_8193753.jpg
苦心して作った卒業制作。苦労しか記憶に残ってないかも(笑)。
d0032761_8285395.jpg

[PR]
by hararana | 2010-03-11 08:31 | その他の話 | Comments(0)

「リバルタ」への想い

我が家で使っているソファーは、残念ながら自分でデザインしたものではない。しかしながら、いろいろな想いもあり大変気にいっている。1980年代の italia alfrex 社製のRIBALTA(リバルタ)というソファー。2〜3年程しかカタログに載ってはいなかったので日本にはそんなに入ってないはず。住宅展示場のディスプレイ用としてあったのが売りに出された時、オオッと一目惚れ、即購入したもの。ソファーというにはあまりにも大胆な動きとフォルム、浮かんだクッションはまるで彫刻的ですらある。
ところが10年以上使ってすっかりクッションはヘタリ型くずれ、カバーも傷んでもう寿命。しかしどう考えてもこれ以上の替わりのソファーを考えられず、知り合いの腕のいい椅子張り職人さんに頼んで張り替えを依頼した。で、バラしてみて2人して驚いた。なんとモールド(型で作ったもの)ウレタンではなく、手作りといってもいい構造とメカニズム。よくこんなもの作ったなぁ、という感じ。古いウレタンは替え、より型くずれしにくい構造にして、張り地もオリジナルに近いものを手にいれて、復活させたのが2年前。毎夜、ソファーの上では、3代目のネコが気持ちよさそうに寝ている。

この黒いコウモリみたいのものがソファーとは。張り替えから戻ってカバーをする前。
d0032761_18351749.jpg

驚きの内部構造。新しい家具は図面でつくるものではないというのがよくわかる。
d0032761_18352877.jpg

alflex社のカタログより。4隅が5段階に動いていろいろなカタチとなる。
日頃は背側を2箇所上げて、大きな丸いクッションを置いて使用。
d0032761_18354490.jpg

4隅を上げれば、スッポリと包まれた心地よさにもう何人の人がそのまま眠ってしまっただろうか。
家のソファーで眠ってしまったまみい。
d0032761_18355735.jpg

すっかり自分のものとして寝ている初代ネコの「ネロ」。いいネコだったなぁ。
あ、違ったネロじゃなくてネルだった。
d0032761_18361287.jpg

[PR]
by hararana | 2010-03-01 19:09 | 家具の話 | Comments(2)