ハラハラ帳

<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

男は論理、女は感覚

女性にネジの話をしても、まったく反応はない。ネジというのはロジカルなモノなので、物事を感覚的に考える女性の思考とは相容れないものだろう、という自説。ワタクシ、ネジとか歯車が好きである。大好きだ。昔山形市にS鋲螺というネジやボルトの専門店があったが、そこのカウンターに、60cmx1m程のガラスケースがあり、その中には、半端モノのボルトやナット、小ネジなどがビッシリと数千個?。それを眺めるのが好きであった。できるものなら、これ全部欲しい、と。そんなわけで、10年程前にキッカーランドのcrankyや、bongaを始めて見た時は、歓喜した。まるでアナログの時計の中をみるような、むき出しのメカ。メカニズムによって何かを作るのではなく、メカニズムそのものがオモチャという新しい観点が面白かった。いまでも、食卓で時々、まるで食前の儀式のように意識するまでもなく動かして見る。なかでもcritterが一番のお気に入り。
d0032761_5561062.jpg
仕事で図面を描く時に検討するボルトやナットのサンプル。
d0032761_5563052.jpg
これはkatita。なにやら昆虫的。
d0032761_5564978.jpg
沢山の脚を動かし、ずんずんと進むbonga。
d0032761_557578.jpg
まだ、だいぶ持ってたのだがなぁ。右下の家型のは、日本には入らなかったtronba。もう廃盤なので、手にいれることは出来ない。
kikkerlandはニューヨークの会社。MOMAのコレクションなので、美術館のshopなどには結構置いてある。
[PR]
by hararana | 2009-12-25 06:09 | その他の話 | Comments(2)

記憶のベンチ。

前にガッコウ(FDS)の学生が授業中にデザインしたベンチがコンペで賞を取った話をしましたが、そのベンチが実際に設置されたパンフレットを貰いました。ちゃんとデザイナーのネームプレートも入っているそう。杉の角材をそのまま使ったなかなかいいベンチ。まだまだ、公園など公共的な場所のベンチには、デザインが入る余地はたくさんある。
ベンチと言えば、カナダに住む友人シバタくんから、以前送られてきたベンチの写真。「メモリアルベンチ」と呼ばれて州立公園などに設置される(家族が思い出に故人の名前で寄贈されるものが多い)ベンチが、自分達がいつもお世話になっている公園に計画され、いつもこの場所で癒されたこともあり、感謝の意味を込めて寄贈したということ。これにも、ネームプレートがついており、この場所とベンチはずっと記憶に残るはず。
我が事務所近くの公園には、スプレーで落書きされたベンチ。ベンチに対しての思い入れがない為か‥。ま、ベンチにだけじゃなく、公共というものに対していろいろと考える。
d0032761_785851.jpg
上は、金沢市に設置されたアカサコベンチ。

下はカラマルカ湖を見下ろす散歩道に設置されたシバタベンチ。
d0032761_79187.jpg

[PR]
by hararana | 2009-12-11 07:20 | その他の話 | Comments(0)