ハラハラ帳

<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

一脚の椅子

昨年廃刊になった雑誌「室内」。家具やインテリアに関しては結構読み物が多くて(ま、発行人が山本夏彦さんだったし)、インテリアーデザイナーや家具デザイナーにとってはいい情報源でワタシも25年程定期購読していた。その室内の約33年前の表紙とアートディレクター浅葉克己さんによる表紙の言葉。
d0032761_733147.jpg


この小さな模型の椅子から2年ほどして、柳宗理先生が最終模型と背の原寸石膏模型、それにすごい枚数の原寸図面(一脚の椅子の為に)を持って天童木工の工場に来られた。その時はその椅子を20脚ほど、仙台のショップや、柳ショップの為に特注で作った(その後にテーブルやアームチェーも)。工場の特性からこのようなムク材を多用したチェアーは随分と手間とコストも掛かった記憶がある。その時の柳先生自ら作ったという精巧な1/5の模型が事務所にあり、いつも眺めている。そして2回目の現寸試作品は30年間、自宅で愛用。材料はマコレ材で、経年変化で飴色に焼けて、その風合いが又いい。いつまで経っても古くならないデザインというよりデザインにとって新しさとは何だろうと考えさせられる一脚の椅子。

左が1/5の模型、右は2回目の試作品(脚の中程がややモタッとしてるね、という指摘を受け修正)。
d0032761_2021232.jpg

学生時代にいつも、デザインが目指さなきゃならないものとは、アノニマスデザイン(無名性の、長い年月を掛けて改良、完成された道具)だと話されていたのを想い出す。そう、冠にデザイナーの名を付けないと売れないものって、時代の中で淘汰されほとんど残りはしない。このチェアーその後、東京のBC工房で2〜3年販売されたりもしたが、それもなくなって20年。
数年前に高山の飛騨産業で復刻。製作、販売され始めた。材はナラ材で,着色したものと生地色のもの。オリジナルのマコレ材で作ったものとは、微妙に味わいが違う。
[PR]
by hararana | 2009-04-28 07:47 | デザインの話 | Comments(0)

赤と青

車で走ってる時郊外で見かけた、真っ赤な倉庫。随分と、通り過ぎた後だったが、どうも気になり、引き返す。改めて見てみると、なるほど、こりゃわかりやすい。この赤い建物は正しいと思う。見るからに危険そうなイメージ。
d0032761_6184966.jpg
この中には塗料が詰まってるのだろうな。近くでは花火は出来ない。
d0032761_6203480.jpg


それに引きかえ、事務所近くの街のほぼ真ん中しかも国道沿いに、昨年建った建物。目的は街の中で自分のとこだけが目立てばいい、という考え方。町並みの調和もクソもない。これは正しくない。そこの企業倫理だけの問題でなく、行政の指導力のなさも住民として恥ずかしい。
信号機の側にこんな色を使ってもいいものか?!
d0032761_1262758.jpg

[PR]
by hararana | 2009-04-13 06:21 | その他の話 | Comments(4)

笑顔

親しい工務店大本建設の恒例花見に行く。あいにくの雨だがそれも慣れたもの、広い作業場に急造のイスとテーブル。なんせ出席するのは家を建てる連中なので、こんなのはお手のもの。ややワイルド感あふれる連中と酒を飲むのは、ほんとに楽しい。知人、家族も混じって例年50人以上の大宴会。かれこれ、15年くらいは行ってるのだろうか。ここの社長とは深い付き合い。しかし、彼の面倒見の良さは特筆モノ。だから腕のいい職人さんも、慕って集まる。今年はワイワイと飲みながらも、やることがあった。この会社のHPのリニューアルを前から頼まれていて、ようやく手を付け始めた。その中に、この職人さんたちの笑顔の写真も載せたいなと思っていたので、ドサクサにまぎれて顏写真撮影。この写真、出席者の一部だが、みんな楽しんでるので、頼まなくてもいい笑顔。いや、今年も楽しかった。
d0032761_8291334.jpg

ま、こんな感じ。15年前に植えられた桜もまだ散らずに、小雨のいい花見日和。
d0032761_8292997.jpg

[PR]
by hararana | 2009-04-07 08:34 | その他の話 | Comments(2)