ハラハラ帳

<   2009年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

三脚テーブル

事務所の便利家具として欠かせないのが、この三脚テーブル。昔、カルマン製(独)の三脚が雲台(カメラを固定するパーツ)と脚部分がワンタッチで取り外し出来たので、その雲台を小さな天板に取り付け、簡単に取り外しができるテーブルを作ってみたら、これがすばらしく機能的でカッコよかった。先ず、三脚なのでシャフトや脚を伸ばして、h400〜h1400くらいまで、ものすごい高さ調節が可能。おまけに天板は水平から垂直まで自在に角度調節が出来、なんせ大事なカメラを固定するものだから、安定感も強度も抜群、と申し分ないテーブルが出来た。ただ、カメラを使うときにその雲台が必要なので、カルマン製の三脚は本来のカメラ専用として戻った。使ってない安物の三脚を利用して、同様のテーブルを製作。それが今の2代目三脚テーブル。コレ、ほんとに便利。もしかして、製品化できないものかと検討したこともあったが、三脚と同構造の脚のパーツを作るとなると、コストが合わない。三脚のメーカー(ほとんど海外製作)から脚を仕入れて、天板をアッセンブリーしてと考えたが、それほどのオリジナリティがあるわけでもなく、これ又一発でマネされるシロモノ。ということで、あくまで自分用として使ってるだけ。丸天板を少しカットしているのは、ワタクシがよくやる手。これは、壁やデスクへの納まりも良く、これまた便利な形状。どうぞ皆さん、安い三脚利用して自作してみてください。ホント便利なテーブルですぜ。
d0032761_9111294.jpg
d0032761_910348.jpg
このテーブル、使わない時は、簡単に低くしてデスク天板の下に収納。
d0032761_9102478.jpg
これがカルマン製の三脚、色といい、機能といい、カッコいい。
[PR]
by hararana | 2009-03-28 09:21 | 家具の話 | Comments(4)

春眠、暁前に目が覚める。

ぐっすりと眠りたい。身体を揺すられても起きないほど深く眠りたいと思う。
歳だからしょうがないのかもしれないが、それにしても朝目覚めるのが早すぎる。一年のうちの300日は夜明け前に起きているだろうか。で、起きたはいいが、家に居る理由もないので事務所へ出勤。ほとんど毎日、暗い内。バッカじゃなかろうか。ホント。ま、その分、夜は早くに布団の中、そして本を開いても、ものの10分もしないうちに意識はoff。しかし、どんなに遅く床についても目覚めの時間はいっしょ。暗闇の中で目をさまし、あー、多分今4時半かな〜。と思って時計をみれば、だいたい5分と狂ってはいない。毎年桜が同じ時期に咲くのも、理解できる。ハハハ‥
ところで家のバカネコ「ネロ」。こいつの寝相をみると、いつも嫉妬する。こんななにぐっすりと、眠りたいと。我が輩はネコになりたい。
d0032761_21282029.jpg
d0032761_21283461.jpg
d0032761_21285080.jpg

[PR]
by hararana | 2009-03-22 21:31 | その他の話 | Comments(2)

使い切る気持ち

仕事場のデスクトップパソコンのメモリーを増設したら、自宅で使ってるノートブックもやりたくなり、又々ネットで求めて増設。このノートブック、もうヒンジが片方割れて、塗装はハゲハゲ、青息吐息の状態。毎年くらいに新しくなる新型にグッと心を動かされるが、それをやり始めるとキリがない。Macの15インチ高いしねぇ。車とて同じ。たえず新車に乗り換えたがるのは日本人くらい。結局、パソコンも車も、たかが道具。なにを使ってるかではなく、それで何をやるのかが問題。パソコンも車も使い切るぞぅ。
d0032761_1815380.jpg

[PR]
by hararana | 2009-03-16 18:03 | その他の話 | Comments(3)

旅立ちの朝

週に一度行っている、デザイン専門学校の卒業式。担当クラスの卒業証書を手渡す前に、今年も壇上からパチリと。この時のみんなの顔が実に良くて、この笑顔でいままでの苦労も吹っ飛ぶ。この顏の為に一年間通ってるようなもの。学校という所は、教える、教えられる、ということではなく、一緒に学ぶ所なのだよなー。
d0032761_849451.jpg
d0032761_850037.jpg

[PR]
by hararana | 2009-03-15 08:52 | その他の話 | Comments(0)

初心

タイトルの下の写真は何だ? なぜノギスで指を測ってるのか?と。
思えば,22年前に以前勤めていた会社を辞めて、九州へ戻ってきて「原デザイン室」を始めたわけですが、なんらアテがあって辞めたわけではなく、当然しばらくは仕事がなかったわけです。田舎の借家の2Fをスタジオ45と称し(4畳半の部屋でしたから)、来る日も来る日もアイデアの模型つくり。電話が掛かってくるわけではないし、ふと外を眺めたり、暇だから、意味もなく側にあるノギスで指を測ってみたり、という日々。しかしながら、不思議と不安はなく、むしろアレもしたいコレもしたいと夢はあったような気がする。
で、このブログも、当時の初心を忘れないようにと、ノギス指の写真を撮って貼付けたわけです。そういえばその頃、キーボードで図面を描くとは、予想もしてなかった。
d0032761_9372193.jpg
当時、よく油粘土で模型を作ったなぁ。粘土のソファーの模型なんて、それ以降も見た事がない。オリジナリティのあるプレゼンテーションだったのだ。なんでも、オリジナリティというのが大事だぞ。こりゃ。
[PR]
by hararana | 2009-03-12 09:43 | その他の話 | Comments(2)

「ハラハラ帳」へと。

HPで重要なことは、そのサイトが「動いていること」です。逆に、動いてないサイトは、そこに訪問した人に、意味のない手間を取らせるわけで、むしろサイトを作ってないほうがマシとまで思っています。最初に花火を打ち上げるのは簡単。問題はその後です。そんなわけで、ここの「デザイナー便り」は、当初、N社のHPを制作してアップした時、出来るだけ動くサイトを目指そうと、表紙にN社長のブログを載せることにしました。今でこそHPのコンテンツとして、ブログをのせるのは当たり前にですが、当時ではまだ新しかった。ただ、最初は、なかなか社長ブログが更新されないので、「デザイナー便り」というのを加え、こちらからも側面支援をすることに。途中何度か、社長ブログの更新の延滞に業を煮やし、更新の催促をしたこともありましが、ようやく最近はコンスタントに更新されるようになり、ヤレヤレとなりました。と、いうことで、ワタシの側面支援の役目もどうやら終わり。
これからはこのブログ、N社の仕事ブログから卒業。ま、来月から、新年度にもなるわけですし、「ハラハラ帳」として内容を一新、再出発。え、内容? ま、イロイロと。
d0032761_662879.jpg
早朝に出勤する途中、(今朝は3時。バッカじゃねか?)町内にはイチゴ白書、いやイチゴハウスが闇に浮かぶ。
[PR]
by hararana | 2009-03-11 06:13 | その他の話 | Comments(0)