ハラハラ帳

<   2005年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

模型も機械で‥

もう何十年も家具の図面を描いたりしてますが、縮尺して描かれたものが実際の原寸大になったり、又、平面に描かれたものが実際の立体になると必ずと言っていいくらいギャップを感じます。その差を確認するには、とりあえずカタチにしてみる、というのが一番てっとり早い方法です。で、直ぐに模型を作ったりするのですが、その時に一番重宝するのは、写真のミニテーブルソー。家具工場にある木工機械の昇降盤のごく小さなタイプです。実物と同様、模型を作る場合でも、先ず、部材を真直ぐに切ったり、直角を出したり、寸法を揃えたり、ということが正確なカタチを作る上では重要なこと。そんな機械が直ぐに使えて、材料がそばにあるのが、我が事務所の必須なことです。中島さんとの仕事でも、図面だけでなく模型があると、工場の職人さんはすぐに理解してくれます。この小さな機械、手に入れにくくなったんですが、FDSでもすぐに備えつけてもらいました。
d0032761_10582612.jpg

[PR]
by hararana | 2005-12-21 11:00 | デザインの話 | Comments(0)

作品と製品と商品

FDSという学校で週一度、若いデザイン学生相手に講師、というより一緒にデザインを考えていますが、なかなか面白いアイデアに出合うこともあります。巷でも、デザインという言葉が普通に語られ、その行為に誰もが参加できる土壌も育っています。特に家具などは工業製品というより、簡単な技術と材料でガレージでもできるものもあり、デザインの対象としては取っ付き易いものの一つです。ただし、アイデアを形にするだけでは単なる「作品」。メーカーで製作されたというだけでは単なる「製品」。必要なのは、イイナという「製品」ではなく、買おうという行為にまでさせる「商品」です。アイデアだけでは、商品まではいきつきません。で、私がディレクターとして、学生の優秀なアイデアを商品化する、いわば産学プロジェクトをやることにしました。メーカーである中島さんも乗り気です(商品になれば、ロイヤリティ契約)。ただ、よほどのモノでないと試作までも行きつかないでしょうが。とりあえず、今、1つの案が試作までいきそうです。ガンバレヨ。
FDS 福岡デザイン専門学校 www.fds.ac.jp/
d0032761_18253088.jpg

[PR]
by hararana | 2005-12-05 18:26 | デザインの話 | Comments(0)